光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

確認審査機構、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所の工事検査の違い

確認審査機構、確認検査機関による検査

工務店・ハウスメーカーより「確認審査機構、確認検査機関による検査に合格しているから安心です。何の問題もありません。審査・検査に合格しなければ次の工事に進めないのです」と聞かされているなら、あなたは騙されている。

確認審査機構、確認検査機関による検査は申請地に申請建物が建てられているか建てられていないかの検査であって、工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査しているのではない。

それが証拠に、裁判で手抜き工事欠陥工事行われていること明らかになっても、確認審査機構、確認検査機関は一切責任を負わない。工事ミス。手抜き工事、欠陥工事の有無を検査しているのではないから責任を負う必要がない。

工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査するのは光洋一級建築士事務所のような第三者の専門家(設計事務所)の行う検査だけ。

建て主が第三者の専門家(設計事務所)に検査依頼しないかぎり、工事ミス、手抜き工事、欠陥工事は発見されない。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何れの地でも第三者の専門家として工事検査に伺います。

設計事務所開設以来40年間個人建て主よりの直接依頼による設計・積算・監理業務のみで経営成り立っている光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

設計事務所開設以来40年、ただの一度も工務店・ハウスメーカーより仕事貰ったことのない光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 

確認審査機構、確認検査機関による検査

欠陥住宅の全ては確認審査機構、確認検査機関の行う中間検査、完成検査に合格している。

「確認審査機構、確認検査機関の検査に合格しているのは正しい工事が行われている証明です」とトークされているなら、あなたの家が欠陥住宅である可能性は極めて高い。

あなたが光洋一級建築士事務所のように工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の専門家(設計事務所)に工事検査依頼していないなら、あなたの家が欠陥住宅である可能性は極めて高い。

工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査するのは光洋一級建築士事務所のような第三者の専門家(設計事務所)の行う検査だけ。

建て主が第三者の専門家(設計事務所)に検査依頼しないかぎり、工事ミス、手抜き工事、欠陥工事は発見されない。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何れの地でも第三者の専門家として工事検査に伺います。

設計事務所開設以来40年間個人建て主よりの直接依頼による設計・積算・監理業務のみで経営成り立っている光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

設計事務所開設以来40年、ただの一度も工務店・ハウスメーカーより仕事貰ったことのない光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 

確認審査機構、確認検査機関による検査

確認審査機構、確認検査機関による検査と建て主の求めにより光洋一級建築士事務所が行う検査の大きな違いは、工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査するかしないか。

確認審査機構、確認検査機関の行う検査、範囲は法律に定められており、工事ミス、手抜き工事、欠陥工事は検査項目に含まれていない。

よって、裁判で欠陥住宅と明らかになっても、工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査していない確認審査機構、確認検査機関に損害賠償請求はできない。欠陥住宅の被害より逃れる術は、光洋一級建築士事務所のように工務店・ハウスメーカーの下請として設計監理業務行ったことのない、第三者の専門家(設計事務所)のよる検査依頼することだけ。日本中全ての工務店・ハウスメーカー敵に回しても仕事に影響のない設計事務所へ検査依頼することだけ。

工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査するのは光洋一級建築士事務所のような第三者の専門家(設計事務所)の行う検査だけ。

建て主が第三者の専門家(設計事務所)に検査依頼しないかぎり、工事ミス、手抜き工事、欠陥工事は発見されない。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何れの地でも第三者の専門家として工事検査に伺います。

設計事務所開設以来40年間個人建て主よりの直接依頼による設計・積算・監理業務のみで経営成り立っている光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

設計事務所開設以来40年、ただの一度も工務店・ハウスメーカーより仕事貰ったことのない光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 

確認審査機構、確認検査機関による検査

工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査しないのが、確認審査機構、確認検査機関による検査。

工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査するのは光洋一級建築士事務所のような第三者の専門家(設計事務所)の検査。

はっきりと申し添えます。

・日本の家は60%が欠陥住宅だそうです。「欠陥住宅の事例」サイトをご覧下さい。

・建売住宅の80%が欠陥住宅だそうです。「検査会社もグル!? 建て売り「8割は欠陥住宅」は本当か」をご覧下さい。

・軽微なものも含めると欠陥住宅の割合は90%だそうです。http://www.ie-kensa.com/beginner

・小さな欠陥まで含めると95%が欠陥住宅だうです。http://www.ie-kensa.com/

これら欠陥住宅の全ては確認審査機構、確認検査機関の中間検査、完成検査に合格している。

工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査するのは光洋一級建築士事務所のような第三者の専門家(設計事務所)の行う検査だけ。

建て主が第三者の専門家(設計事務所)に検査依頼しないかぎり、工事ミス、手抜き工事、欠陥工事は発見されない。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何れの地でも第三者の専門家として工事検査に伺います。

設計事務所開設以来40年間個人建て主よりの直接依頼による設計・積算・監理業務のみで経営成り立っている光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

設計事務所開設以来40年、ただの一度も工務店・ハウスメーカーより仕事貰ったことのない光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 

確認審査機構、確認検査機関による検査

光洋一級建築士事務所のような第三者の専門家に検査依頼しても建て主の負担が増えることはない。

光洋一級建築士事務所へ検査依頼した全ての建て主は実質的に負担はゼロになっている。

あなたが検査依頼する設計事務所が光洋一級建築士事務所と同じだけの知識能力を持っているなら、検査費負担ゼロとする術心得ているはず。

光洋一級建築士事務所に検査依頼あれば、建て主の負担ゼロとする方法お伝えします。

工事ミス、手抜き工事、欠陥工事の有無を検査するのは光洋一級建築士事務所のような第三者の専門家(設計事務所)の行う検査だけ。

建て主が第三者の専門家(設計事務所)に検査依頼しないかぎり、工事ミス、手抜き工事、欠陥工事は発見されない。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何れの地でも第三者の専門家として工事検査に伺います。

設計事務所開設以来40年間個人建て主よりの直接依頼による設計・積算・監理業務のみで経営成り立っている光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

設計事務所開設以来40年、ただの一度も工務店・ハウスメーカーより仕事貰ったことのない光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 

工務店選びのコツ・ポイント、工務店の選び方をお伝えした光洋一級建築士事務所の案内です。

光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.工事監理

3.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

4.建て主の求めにより行う工務店・ハウスメーカー見積りチェック、見積書チェック

5.建て主の求めにより行うコストダウン

6.本当の相見積り行うに必要とされる積算書の作成と相見積もりの代行

7.ハーフビルド、セルフビルドの家づくり行う建て主のサポート

8.建て主自身が行う分離発注サポート

9.住宅調査検査、欠陥工事欠陥住宅調査検査、調査報告書(鑑定書)の作成

10.建て主に代わって住宅検査を実行

光洋一級建築士事務所は分離発注でいい家安く建てたいとする建て主をサポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所はコストダウンのお手伝いをする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより第三者監理する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより工務店・ハウスメーカー交渉代行する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は、いい家安く作ることに特化した設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何の地であっても第三者の監理者として建て主サポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 確認審査機構と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、確認検査機関検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い、役所の検査と光洋一級建築士事務所が行う検査、工事検査、中間検査の違い 

トップページ前のページ次のページサイトマップ