光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

工務店に不信抱いた、不信感じたときの相談、相談先

工務店が信じられなくなったら相談先は、サポート依頼先は

工事請負契約前に工務店・ハウスメーカーが信じられなくなったら、その工務店・ハウスメーカーで建ててはいけません。

工事請負契約後に工務店・ハウスメーカーが信じられなくなったら、その工務店・ハウスメーカーで建ててはいけません。

着手後に工務店・ハウスメーカーが信じられなくなったら、何かしら手を打たねばいけません。

このような建て主の相談先は、あらゆる方向から探っても工務店・ハウスメーカーと一切の関わりない第三者の設計事務所(建築士)。

工務店・ハウスメーカーが信じられなくなったらどうすればよいか、更に詳しく知りたいなら光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

工務店が信じられなくなったらどうすればよいかについてお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 

工務店が信じられなくなったら相談先は、サポート依頼先は

工事請負契約前に工務店・ハウスメーカーが信じられなくなったら、いますぐ商談を中止しなさい。

工務店・ハウスメーカーに仮契約金、申込金を払っているなら、返金してもらう手立てを講じなさい。

何かしらの不信感じたら、その工務店・ハウスメーカーで建ててはいけません。

全面的に工務店・ハウスメーカー信じて建てても、手抜き工事、ごまかし工事行われる。欠陥住宅作られる。

欠陥住宅作られた建て主が揃って口にする台詞、

・いい工務店・ハウスメーカーだと思ったのだけれど

・好い営業マンだと思ったのだけれど

・信頼できる社長だと思ったのだけれど

工事請負契約前に工務店・ハウスメーカーに不信抱いた建て主の相談先は、サポート依頼先は、あらゆる方向から探っても工務店・ハウスメーカーと一切の関わりない第三者の設計事務所(建築士)。

工務店が信じられなくなったらどうすればよいかについてお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 

工務店が信じられなくなったら相談先は、サポート依頼先は

工事請負契約後に工務店・ハウスメーカーが信じられなくなったら、建て主が取るべき手立ては二つ。

1.工事請負契約をキャンセルする、契約金取り戻す手立てを考える

2.監理者を建て主サイドに立つ設計事務所(建築士)に変更する

変更する監理者は、あらゆる方向から探っても工務店・ハウスメーカーと一切の関わりない第三者の設計事務所(建築士)にするのが原則です。

あなたの相談先は、サポート依頼先は、あらゆる方向から探っても工務店・ハウスメーカーと一切の関わりない第三者の設計事務所(建築士)。

工務店・ハウスメーカー選びを間違えたのです、変更する監理者選びを間違えてはいけません。

福井県において、工務店と癒着した建築士(設計事務所)が、手抜き工事を見て見ぬ振りしていた実例がある。

工務店が信じられなくなったらどうすればよいかについてお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 

工務店が信じられなくなったら相談先は、サポート依頼先は

工事着手後、工事途中に工務店・ハウスメーカーが信じられなくなったら、建て主が取るべき手立ては二つ。

1.工事請負契約をキャンセルする、出来高で工事費払う手立てを講じる

2.監理者を建て主サイドに立つ設計事務所(建築士)に変更する

1.2.どちらを選択するにせよ、第三者の設計事務所(建築士)のサポートなしにはできません。

少しでも有利に解決図りたいなら、工務店・ハウスメーカーと一切の関わりない第三者の設計事務所(建築士)、然るべき知識能力有する第三者の設計事務所(建築士)に監理者変更し、監理者のサポートのもと工務店・ハウスメーカーと交渉しなさい。あなたに残された手立てはこれしかない。

工務店が信じられなくなったらどうすればよいかについてお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 

工務店が信じられなくなったら相談先は、サポート依頼先は

光洋一級建築士事務所の知るかぎり、

手抜き工事、ごまかし工事行われた全ての建て主、欠陥住宅作られた全ての建て主は、信用できなくなった工務店・ハウスメーカーでそのまま建てている。

理由は何であれ、工務店・ハウスメーカーが信じられなくなったら、建て主が取るべき手立ては三つ。

1.契約前なら、工務店・ハウスメーカーとの商談を打ち切る

2.契約後で工事着工前なら、工務店・ハウスメーカーとの契約キャンセルするか、建て主サイドの監理者に変更する

3.工事着手後、工事途中なら、工務店・ハウスメーカーとの契約キャンセルするか、建て主サイドの監理者に変更する

何れにせよ、然るべき知識能力有する第三者の設計事務所(建築士)のサポートが欠かせません。

工務店が信じられなくなったらどうすればよいかについてお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 

工務店が信じられなくなったら相談先は、サポート依頼先は

相談先は、サポート依頼先は、家を建てる地より程よく離れた都府県を拠点とする設計事務所にするのが基本。

建設業界は狭い。これくらいの気遣いはすべきです。サポート依頼した設計事務所と工務店・ハウスメーカーとに表面上の付き合いがなくても巡り巡って何らかの関わりがあれば、建て主の有利に事は運ばない。その設計事務所にとってあなたは一見の客、工務店・ハウスメーカーはこれからも付き合っていくお得意様というわけです。

そして相談先、サポート依頼先となれる設計事務所とは、

・工務店・ハウスメーカーの下請として設計業務を行っていない

・工務店・ハウスメーカーより仕事を貰っていない

・個人建て主の直接依頼の仕事(設計・積算・見積・監理)だけで経営成り立っている

・現役で設計・監理を行っている

・日本中の工務店・ハウスメーカーを敵に回しても仕事に支障がない

これら全てに合致する設計事務所でなければならない。

これら全てに合致する設計事務所は少ないです。しかしゼロではない。探せば案外見つかるものです。

工務店が信じられなくなったらどうすればよいかについてお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 

工務店が信じられなくなったら相談先は、サポート依頼先は

工務店・ハウスメーカーが信じられなくなったら、建て主が取るべき手立ては、ここでお伝えした三つだけ。

相手は他社を蹴落としてあなたとの交渉獲得したその道のプロ。契約までこぎつけたプロ中のプロ、あなた一人の力で太刀打ちできる相手ではない。建て主が信じられなくなったときの手立て、講じるべき手立ては持っている。事前準備に抜かりない工務店・ハウスメーカー相手にするのです。手抜き工事欠陥工事行われたくなければ、工事費騙し取られたくなければ、何かしらの被害者にされたくなければ、被害少しでも少なくしたければ、第三者の専門家にサポート依頼しなさい。あなたが取るべき手立てはこれしかない。

工務店が信じられなくなったらどうすればよいかについてお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 

いい家安く建てていただく目的持って、あらゆる情報お伝えする光洋一級建築士事務所の案内です。

光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.工事監理

3.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

4.建て主の求めにより行う工務店・ハウスメーカー見積りチェック、見積書チェック

5.建て主の求めにより行うコストダウン

6.本当の相見積り行うに必要とされる積算書の作成と相見積もりの代行

7.ハーフビルド、セルフビルドの家づくり行う建て主のサポート

8.建て主自身が行う分離発注サポート

9.住宅調査検査、欠陥工事欠陥住宅調査検査、調査報告書(鑑定書)の作成

10.建て主に代わって住宅検査を実行

光洋一級建築士事務所は分離発注でいい家安く建てたいとする建て主をサポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所はコストダウンのお手伝いをする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより第三者監理する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより工務店・ハウスメーカー交渉代行する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は、いい家安く作ることに特化した設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何の地であっても第三者の監理者として建て主サポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 工務店に不信抱いたときの相談、工務店に不信抱いたときの相談先、工務店に不信感じたときの相談、工務店に不信感じたときの相談先 

トップページ前のページ次のページサイトマップ