光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

分離発注とは、新築住宅分離発注で建てる方法

分離発注とは

分離発注とは、元請となる工務店・ハウスメーカーが存在しない家づくり

分離発注とは、建築主が専門職たちへ直接仕事を発注する家づくり

分離発注とは、建築主自身または建築主が選んだ建築士が監理する家づくり

分離発注とは、工事原価が明らかになる家づくり

分離発注とは、どこにどれだけのお金が使われるか全て明らかにされる家づくり

分離発注とは、なぜそれだけのお金が必要となるか全て明らかにされる家づくり

分離発注とは、施主支給、建築主参加・ハーフビルドの家づくりも行える家づくり

分離発注とは、建築主の知り合い専門職にも仕事を発注できる家づくり

家づくりネットワーク方式は分離発注の家づくり。

分離発注、家づくりネットワーク方式で良い家安く建てたい方は、光洋一級建築士事務所へ、連絡先は、090−4500−1934

分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 

分離発注とは

工務店・ハウスメーカー任せで家づくりしても、あなたの家は分離発注で作られている。

(1) 建築主 分離発注
←−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−→
専門職たち
(2) 建築主 ←→ 元請工務店 分離発注
←−−−−−−−−−−−−→
専門職たち
(3) 建築主 ←→ 元請ハウスメーカー −−→ 下請工務店 分離発注
−−−−→
専門職たち

専門職に渡るお金が同じなら、一番安く家を作れるのは(1)

同じだけの工事費で建てるなら、一番良い家を作れるのは(1)

分離発注、家づくりネットワーク方式で良い家安く建てたい方は、光洋一級建築士事務所へ、連絡先は、090−4500−1934

分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 

分離発注とは

工務店・ハウスメーカーから渡された見積書に工務店・ハウスメーカーが必要とする粗利益がちゃんと記載されていますか。

工務店・ハウスメーカーの粗利益は見積金額の20%〜50%といわれている、見積書にこれだけの粗利益を頂きますと記載されていなければ、他の項目のどこかに紛れ込ませて、隠されて、見積金額の20%〜50%分はピンハネされている。

分離発注で建てれば、工務店・ハウスメーカーにピンハネされる粗利益の分だけ同じ家が安く作れるという計算になる。

残念ながら世の中そんなに上手くはいかない。分離発注で建てても、工務店・ハウスメーカーの見積額より20%〜50%も安くは作れません。しかし工務店・ハウスメーカーで作るよりも、分離発注で家づくりをしたほうが安く作れることは確かです。

いい家、安く建てたいのなら分離発注。家づくりネットワーク方式の家づくりは分離発注。

分離発注、家づくりネットワーク方式で良い家安く建てたい方は、光洋一級建築士事務所へ、連絡先は、090−4500−1934

分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 

分離発注とは

建築主が工務店・ハウスメーカーに払う工事費の内訳は以下のようになる。

工務店・ハウスメーカーに払うお金 工務店・ハウスメーカーの粗利益 (1)
監理費 (2)
労務費 (3)
資材費 (4)

(1)はあなたの家に直接投入されるお金ではない。

(2)と(3)と(4)があなたの家に直接投入されるお金であり、これを工事原価という。

工事原価になるだけ近い額で家づくりを仕様とするのが分離発注。

工務店・ハウスメーカーで建てようと、分離発注で建てようと、あなたの家に直接投入されるお金の額は工事原価分だけ。

分離発注、家づくりネットワーク方式で良い家安く建てたい方は、光洋一級建築士事務所へ、連絡先は、090−4500−1934

分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 

分離発注とは

工事原価が2000万円の家とすると、

20%の粗利益が欲しい工務店・ハウスメーカーで建てると、見積金額は2500万円となる。

40%の粗利益が欲しい工務店・ハウスメーカーで建てると、見積金額は3333万円となる。

50%の粗利益が欲しい工務店・ハウスメーカーで建てると、見積金額は5000万円となる。

どの工務店・ハウスメーカーで建てようと、この家に直接投入されるお金、2000万円。

工事原価2000万円になるだけ近い金額で建てようとするのが分離発注の家づくり。

分離発注の家づくり、計算どおりには行きませんが、どの工務店・ハウスメーカーで建てるよりも安く作れることは確かです。

分離発注、家づくりネットワーク方式で良い家安く建てたい方は、光洋一級建築士事務所へ、連絡先は、090−4500−1934

分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 

分離発注とは

新築住宅、分離発注で建てる方法は二つ。

1)建築主が分離発注に関わる全てを取り仕切る

2)家づくりネットワーク方式、すなわち設計事務所の協力を仰ぐ

1)は、建築主が自ら資材を購入し、自ら専門職を手配し、自らの管理のもとで建築主の自己責任で作り上げる家づくりです。

2)は、自ら行うのは無理だとする建築主に代って、分離発注の一部又は全部を設計事務所が代行する家づくりです。

どちらを選んでも、良い家が作れることは同じです。工事原価に近い金額で作れることは同じです。

分離発注、家づくりネットワーク方式で良い家安く建てたい方は、光洋一級建築士事務所へ、連絡先は、090−4500−1934

分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 

分離発注とは

光洋一級建築士事務所は、分離発注(家づくりネットワーク方式)での家づくりのご依頼があれば、何れの地でも現地で専門職を手配し、資材を購入し、専門職を管理して家づくりを遂行します。

あなたがお住まいの地でマイホームを建てるにおいて、専門職を見つけられないわけがない。やる気になればあなたにも分離発注でマイホームを作れる。できるできないはやる気の問題。

あなたにとって難しいのは、幾らで資材を購入すれば適正か、幾らで専門職に工事を発注すれば適正か、その適正価格・適正工事費が分からないこと。

その気になればこの適正価格・適正工事費も調べられるのですが。

分離発注の全てを行うのは無理とするのは、その人にやる気と時間がないから。

で、分離発注で良い家を安く建てたいとする方には、家づくりネットワーク方式(分離発注)がお勧めです。

分離発注、家づくりネットワーク方式で良い家安く建てたい方は、光洋一級建築士事務所へ、連絡先は、090−4500−1934

分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 

分離発注とは

良い家安く建てたい方には、分離発注はお勧めです。

同じ家を建てるなら安く建てたい方には、分離発注はお勧めです。

同じだけの工事費で建てるならよい家を建てたい方には、分離発注はお勧めです。

施主支給を行って安く建てたい方には、分離発注はお勧めです。

ハーフビルド、自分たちにできることは自分たちで行って安く建てたい方には、分離発注はお勧めです。

ごまかし工事、手抜き工事、欠陥工事のない家を建てたい方には、分離発注はお勧めです。

あなた自ら分離発注を行って建てますか、それとも設計事務所に協力をしてもらう家づくりネットワーク方式で建てますか。

分離発注、家づくりネットワーク方式で良い家安く建てたい方は、光洋一級建築士事務所へ、連絡先は、090−4500−1934

分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 

分離発注とは

良い家が作られるか作られないかは、お金をどれだけ家に投入したかで決まる。

最も効率よくお金を投入する家づくり方法が分離発注。

ただ分離発注の家づくりを行っても、良い家が作られるとは限らない。

良い家を作れる家づくりは、建築主が分離発注の全てを行う家づくりと、家づくりネットワーク方式の家づくり。

良い家を作れない家づくりは、分離発注の代行を行う設計事務所(あるいは建築士)が工務店・ハウスメーカーの粗利益分に等しい手数料を取る家づくり。

つまり、分離発注の家づくりするにしても、分離発注の代行をしてもらう設計事務所(建築士)選びが重要だということです。

分離発注、家づくりネットワーク方式で良い家安く建てたい方は、光洋一級建築士事務所へ、連絡先は、090−4500−1934

分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 分離発注、分離発注とは、分離発注の家づくり、分離発注の家づくりとは 

トップページへ戻る 前のページ 次のページ サイトマップ