光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

地震に負けない家、地震に強い家の作り方、基本は一つ

地震に負けない家、地震に強い家の作り方

昭和56年(1981年)以降の新耐震基準で建てられた家は震度7クラスの地震に遭遇しても倒壊はしない。それが1981年時点の建築基準法が定めた耐震基準。だから、昭和56年(1981年)以降の家はこの耐震基準をクリアするように作られている。

注意してください。倒壊はしないとはいっていますが、半壊はしない、大破はしないとはいっていないことに。日本の家づくりの基本は倒壊しないこと。

現在作られている全ての住宅は正しく作られていれば倒壊しない。震度7の地震に遭遇しても慌てて外に飛び出すより、家の中にいたほうが安全なのです。その家が正しく作られていればですが。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方、さらに詳しく知りたい方は光洋一級建築士事務所のホームページをご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方をお知らせする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 

地震に負けない家、地震に強い家の作り方

昭和56年(1981年)以降の新耐震基準で建てられた家は震度7クラスの地震に遭遇しても基本的に倒壊しない、倒壊はしないはず。

昭和56年(1981年)以降の新耐震基準で建てられた家は、最低基準の耐震性能でも震度7クラスの地震で倒壊はしないはずなのです。それなのに倒壊するのは、基本を守った正しい工事が行われていなかったから、手抜き工事ごまかし工事が行われていたと考えて差し支えない。

震度7の地震にも倒壊しない家を作りたいなら、作る者と検査する者を分けなさい。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方、さらに詳しく知りたい方は光洋一級建築士事務所のホームページをご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方をお知らせする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 

地震に負けない家、地震に強い家の作り方

昭和56年(1981年)以降の新耐震基準で建てられた家は、最低基準の耐震性能でも震度7クラスの地震で倒壊はしないはずなのです。それなのに倒壊するのは、基本を守った正しい工事が行われていなかったから、手抜き工事ごまかし工事が行われていたから。

正しい工事を行わせる、手抜き工事ごまかし工事を行わせないようにするには、作る者(工務店・ハウスメーカー)と検査する者(監理者)を別々の者にする必要がある。すなわち工務店・ハウスメーカーとは第三者に監理(検査)をしてもらうことです。

いま建築中で、第三者を監理者にしていないのであれば、直ちに監理者を変更しないかぎり、第三者の専門家に監理をしてもらわないかぎり、手抜き工事、ごまかし工事は防げない。

地震に負けない家、地震に強い家を作る基本は、第三者監理。作る側と検査する側を分けること。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方、さらに詳しく知りたい方は光洋一級建築士事務所のホームページをご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方をお知らせする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 

地震に負けない家、地震に強い家の作り方

平成28年4月、震度7の地震に二度遭遇した熊本県西原村に、殆ど無傷だった家(耐震等級2)が存在します。

破損箇所は、1階の内壁石膏ボードの継ぎ目でのビニールクロスの切れが5箇所と2階トイレでロータンクの蓋が落下して破損。この2点のみ。

光洋一級建築士事務所が工事監理をし、たまたま地震遭遇日が完成引渡しの日でしたので、詳細に被害状況を検分しました。

作る側と検査する側を分けた家づくりをした結果、正しい工事が行われて、震度7の地震に二度遭遇しても殆ど無傷だったというわけです。

地震に負けない家、地震に強い家を作る基本は、第三者監理。作る側と検査する側を分けること。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方、さらに詳しく知りたい方は光洋一級建築士事務所のホームページをご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方をお知らせする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 

地震に負けない家、地震に強い家の作り方

地震に負けない家、地震に強い家を作る基本は、第三者監理。作る側と検査する側を分けること。

これは製造物全てにおいて当てはまることでしょう。

東洋ゴムの免震ゴムのデータ偽装問題(2015年)も、旭化成建材の横浜のマンションでの杭打ちデータ偽装問題(2015年)も、作る側と検査する側が同体だったから発生した。

光洋一級建築士事務所の知るかぎり、欠陥住宅の全ては、作る側と検査する側が同体であることが原因で作られている。

地震に負けない家、地震に強い家を作る基本は、第三者監理。作る側と検査する側を分けること。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方、さらに詳しく知りたい方は光洋一級建築士事務所のホームページをご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方をお知らせする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 

地震に負けない家、地震に強い家の作り方

昭和56年(1981年)以降の新耐震基準で建てられた家は震度7クラスの地震に遭遇しても倒壊はしない。正しく作られていれば。

正しく作られているかいないかをチェックするのが検査をする人。

作る側と検査する側が同体であれば正しく検査など行われない。

これが、欠陥住宅が作られる原因、地震で半壊・倒壊する家が作られる原因です。

地震に負けない家、地震に強い家を作る基本は、第三者監理。作る側と検査する側を分けること。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方、さらに詳しく知りたい方は光洋一級建築士事務所のホームページをご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

地震に負けない家、地震に強い家の作り方をお知らせする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 

いい家安く建てていただく目的持って、あらゆる情報お伝えする光洋一級建築士事務所の案内です。

光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.工事監理

3.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

4.建て主の求めにより行う工務店・ハウスメーカー見積りチェック、見積書チェック

5.建て主の求めにより行うコストダウン

6.本当の相見積り行うに必要とされる積算書の作成と相見積もりの代行

7.ハーフビルド、セルフビルドの家づくり行う建て主のサポート

8.建て主自身が行う分離発注サポート

9.住宅調査検査、欠陥工事欠陥住宅調査検査、調査報告書(鑑定書)の作成

10.建て主に代わって住宅検査を実行

光洋一級建築士事務所は分離発注でいい家安く建てたいとする建て主をサポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所はコストダウンのお手伝いをする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより第三者監理する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより工務店・ハウスメーカー交渉代行する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は、いい家安く作ることに特化した設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何の地であっても第三者の監理者として建て主サポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 地震に負けない家、地震に負けない家の作り方、地震に強い家、地震に強い家の作り方 

トップページへ戻る 前のページ 次のページ サイトマップ