光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

欠陥住宅調査行うに至った光洋一級建築士事務所の案内です

光洋一級建築士事務所開設者である田上洋一(タガミヨウイチ)は中学出てから大工しストレートに最短期間で1級建築士資格取得しました。

光洋一級建築士事務所開設者である田上洋一(タガミヨウイチ)は24才で独立し35才まで工務店経営。

35才のときに現在の業務形態である設計、積算、見積り、監理、分離発注サポート行う光洋一級建築士事務所に業務変更

業務変更の理由は技術者根性が抜けないから

技術者であるから良い仕事したい、少しでも良い家作りたい、工務店経営の目的はより多くの利益得ること。

良い仕事すれば、良い家作れば利益は減る、技術者と工務店経営は相反する方向を向いている。

田上洋一(タガミヨウイチ)は35才のときに技術者を選び、工務店を廃業した次第

技術者に欠陥住宅調査依頼したいとする建築主の依頼先は光洋一級建築士事務所へ、連絡先は090−4500−1934

欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 

光洋一級建築士事務所開設者一級建築士田上洋一(タガミヨウイチ)は今年(平成30年)で70才。あと何年元気に頑張れ何人の欠陥住宅被害者建築主助けてあげられるかは不明です。

残念ですが私の持つ知識受け継ぐ建築士存在しません。このような理由で私、田上洋一が自由に何れの県へも出かけられなくなった時点で欠陥住宅調査は打ち切りとなる。

光洋一級建築士事務所は個人建築主よりの直接依頼による設計、積算、見積り、監理、分離発注サポートが本業ですが片手間で欠陥住宅調査行っているのではない。片手間で行えないほど欠陥住宅調査は大変な業務です。

欠陥住宅調査、サポートは建築主の人生左右するかもしれない大変な業務です。

技術者に欠陥住宅調査依頼したいとする建築主の依頼先は光洋一級建築士事務所へ、連絡先は090−4500−1934

欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 

・田上洋一(タガミヨウイチ)家を作ってきたから工務店がどこで手抜き工事行うか欠陥工事行うか分かる

・基礎工事知り尽くしていなければ基礎に行われる手抜き工事欠陥工事見つけられない

・大工工事知り尽くしていなければ木工事に行われる手抜き工事欠陥工事見つけられない

・外壁工事、屋根工事知り尽くしていなければ外壁、屋根に行われる手抜き工事欠陥工事見つけられない

・家づくりに関する知識知り尽くしていなければ手抜き工事か欠陥工事か見分けられない

・家づくりに関する知識知り尽くしていなければ建築主サイドに立ち工務店相手に戦えない

これ、自らの手で家づくり行ってきた建築士でなければ欠陥住宅調査行えない説明です。

手抜き工事欠陥工事は技術者でなければ見つけられない説明です。

技術者に欠陥住宅調査依頼したいとする建築主の依頼先は光洋一級建築士事務所へ、連絡先は090−4500−1934

欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 

光洋一級建築士事務所が欠陥住宅調査行うに至った切っ掛けは全ての建築主が知っている大手ハウスメーカーの欠陥住宅調査行い、欠陥住宅であること立証したのが始まり。

建築主は大手ハウスメーカーが相手なので県下トップクラスの設計事務所数社へ調査依頼打診したがハウスメーカー名を伝えただけで全てに断られた。ある設計事務所から光洋一級建築士事務所であれば引き受けてくれるかも言われて尋ねて来られたのが光洋一級建築士事務所が欠陥住宅調査を始めるに至った経緯。

大手ハウスメーカーを相手にしたこの欠陥住宅裁判、建築主がめでたく勝訴されました。

技術者に欠陥住宅調査依頼したいとする建築主の依頼先は光洋一級建築士事務所へ、連絡先は090−4500−1934

欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 

日本トップクラスのハウスメーカー敵に回して仕事に支障のない設計事務所はまず存在しない。直接の取引なくても手を回されれば仕事減になること目に見えている。大企業ハウスメーカーはこれ位の力持っている、県下トップクラスの設計事務所欠陥住宅調査を敬遠した理由はこれ。

「困っているなら引き受けましょう」と応じたところ建築主がビックリされていました。他の設計事務所に全て断られていたのですから。どうして引き受けてもらえるのですか?とご質問あり。

「光洋一級建築士事務所は日本中全ての工務店・ハウスメーカーより一切仕事貰っていないからです。日本中全ての工務店・ハウスメーカー敵に回しても仕事に何に支障もないからです」とお答えすると、驚かれていました。

光洋一級建築士事務所のように日本中全ての工務店・ハウスメーカーより一切仕事貰っていない設計事務所でなければ欠陥住宅調査安心して依頼することできない

技術者に欠陥住宅調査依頼したいとする建築主の依頼先は光洋一級建築士事務所へ、連絡先は090−4500−1934

欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 

光洋一級建築士事務所が大手ハウスメーカーの欠陥住宅調査行ったこと知った弁護士より欠陥住宅調査の依頼来るようになり必然的に欠陥住宅調査行なうようになったのが経緯。

弁護士の下へ欠陥住宅の相談があっても欠陥住宅か欠陥住宅でないのか弁護士には分からない。欠陥住宅の相談があればまず光洋一級建築士事務所に相談に行くように勧めるから欠陥住宅調査行っていることHP上にアップしてくれと複数の弁護士から要請があったので、本記事をHPに掲載することになった次第。

技術者に欠陥住宅調査依頼したいとする建築主の依頼先は光洋一級建築士事務所へ、連絡先は090−4500−1934

欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 

HPに掲載したことで日本中の建築主が見られるようになり、長野県、千葉県の建築主からも調査依頼がありました。調査に行ける範囲ならどこの地の調査依頼でも受けようと思っている次第です。

光洋一級建築士事務所の欠陥住宅調査は本業ではありません。光洋一級建築士事務所の本業は個人建築主よりの直接依頼による設計、積算、見積り、監理、分離発注サポート業務。利益目的なら欠陥住宅調査は行わない。欠陥住宅調査行っているときの田上洋一の時給は1160円にしかならない。

技術者に欠陥住宅調査依頼したいとする建築主の依頼先は光洋一級建築士事務所へ、連絡先は090−4500−1934

欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 

光洋一級建築士事務所がいただく欠陥住宅調査、基本料金は45万円。

欠陥住宅調査は私田上洋一一人では行えない、密に調査行なうとすれば大工等助手3人を必要とする

3人に払う日当は1人3万円として、9万円

交通費 3万円

調査報告書作成オペレーター費用 9万円/3日

事務所固定費 17.5万円

残金6.5万円が私田上洋一の取り分となる。

調査および報告書作成に要する日数は7日。1日8時間労働とすれば田上洋一の時給は1160円

光洋一級建築士事務所が欠陥住宅調査行うのは金儲け目的ではないこのこと理解できた建築主のみ欠陥住宅調査依頼を。

光洋一級建築士事務所は実力はある県の消費者センターの折り紙つき

技術者に欠陥住宅調査依頼したいとする建築主の依頼先は光洋一級建築士事務所へ、連絡先は090−4500−1934

欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 

・金儲け目的で欠陥住宅調査行う第三者機関名乗る団体・NPO・設計事務所グループと光洋一級建築士事務所を一緒にしないで頂きたい

・欠陥住宅調査業とする設計事務所と光洋一級建築士事務所を一緒にしないで頂きたい

・本業の設計事務所としての設計、積算、見積り、監理の仕事がないことで食わんがために欠陥住宅調査行っている設計事務所と光洋一級建築士事務所を一緒にしないで頂きたい

光洋一級建築士事務所は欠陥住宅調査行うとする第三者機関とまったく別物であることHPにて知らしめてくれとのある県の消費者センターのリクエストにより、光洋一級建築士事務所がどのような設計事務所か、なぜ欠陥住宅調査行うかお話した次第です

技術者に欠陥住宅調査依頼したいとする建築主の依頼先は光洋一級建築士事務所へ、連絡先は090−4500−1934

欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 欠陥住宅調査 欠陥住宅調査依頼先 欠陥住宅調査行う設計事務所 千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、愛媛県、高知県、香川県、徳島県 

トップページ前のページ、次のページ、サイトマップ