光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

家づくりで一番大切なことは監理、監理者、第三者監理

委任から委託へ

家を建てる許可を得るのに建築確認申請という重要な手続があります。
この申請のための書類・申請書のなかに監理者を記入する欄がありますが、いままでは、建て主より委任を受けたということにして請負業者が勝手に監理者を任命し、記名・押印して手続を進めていたのが実情です。
記名・押印することで監理者としての責任は負っていましたが。

このたび、監理者の任命は委任でなく「建て主からの委託」として改正され、委託契約を締結することで有効となると変更になりました。
すなわち、建て主のあなたと建築士の間で直接、監理委託契約を結びなさいと定められたのです。
言い換えれば、請負業者が薦める建築士でなく、建て主のあなたが信頼のできる建築士に直接依頼しなさいと改正されたともいえます。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

監理者の役割が定められましたが、建て主のあなたとって有利になった、知っておかねばならない重要な改正事項があります。
それは「監理者が承認した工事、金額でなければ工事費は払わなくてよい」と定められたことです。
建築主のあなたから委託を受けた建築士が事前承認していない工事費は支払わなくてよいとなったのです。
言い換えれば、それなりに能力のある建築士に委託しなければならないということです。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

能力のない建築士に委託して損をしてもすべて「建築主のあなたの責任」と改正されたのです。

適正価格を知らない、高いか安いか分からない、能力不足の建築士に委託し、値打のない家になってもあなたの自己責任。
ハッキリ言えば、請負契約を締結する前に見積書のチェック能力のある建築士と委託契約を結びなさいと定められたといっても過言ではありません。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

ことの重要さを認識できましたか。

請負契約と監理委託契約、別々に締結しなければならないと改正されたのです。大切なのでもう一度言います、別々にです。なぜ別々か分かりましたね。

さらに、監理者の業務範囲は、図面、見積書どおりに工事がなされているか否かをチェックすることまでと定められました。
不備な工事を発見しても請負業者に指導するだけで再工事をやらせる権限はないのです。
指導しても従わない旨を建て主のあなたに報告するまでが業務範囲。
再替工事を行わさせるのは建て主と定められたのです。

請負業者と同じ釜の飯を食っている建築士、請負業者より給料をもらっている建築士に委託するのではなく、建て主のあなたの自己責任でよしとする建築士と委託契約を結びなさいと改正されたのです。
工事費が分かる工事内容が分かる建築士に委託しましょう、自己責任で。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

あなたの家づくりにおいて只一人の味方となるのが管理者です。その大切な監理者に工務店・ハウスメーカー側の人間を据えたのでは、あなたの味方は誰もいなくなる。

その結果、暴利を取られ、手抜き工事を行われ、欠陥工事を行われることになる。

国が、「監理者は建て主が選定すること」と法に定めていることの重要性を知りましょう。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

光洋一級建築士事務所が知る限り、欠陥住宅を作ったと訴えられている工務店・ハウスメーカーの全てが、工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えていた。

つまりは、欠陥住宅は、工務店・ハウスメーカーと監理者がなあなあになっている状況下で生まれるということだ。

欠陥住宅を作られたくなければ、建て主であるあなた自身が工務店・ハウスメーカーと関係のない第三者の建築士を探してきて監理者に任命しなさい。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

「監理者は建て主が選定すること」、これが法律です。

なぜ、国はそのような法律を作ってあるかその理由を斟酌しましょう。工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者にしていたのでは、欠陥工事を行われ、欠陥住宅が作られることがわかっているからです。

工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えて建てられたあなたの家にも、手抜き工事・欠陥工事は存在しているだろうということです。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

工務店・ハウスメーカーと関係のない第三者の建築士を監理者に据えることで、

・工事費のコストダウンを図ってくれます

・手抜き欠陥工事の全てを明らかにすることができる設計図書を工務店・ハウスメーカーから入手してくれます

・建て主に不利な工事請負契約を結ばないですむようにしてくれます

・施工状況をチェックして、手抜き欠陥工事を防いでくれます

・工務店・ハウスメーカーからの不適切な工事費の請求を断ってくれます

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えると、上段と反対の状況になる。すなわち、

・概算見積書で騙され、いい加減な見積り金額で契約させられる

・工務店・ハウスメーカーに有利な条件で契約させられる

・嘘・ごまかし工作を行われる

・払わなくともよい工事費を払わされる

・手抜き欠陥工事が行われる

・金銭トラブルが起きる

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

監理者には、工務店・ハウスメーカーの工事費見積り金額が妥当かどうか判定する役割があります。

建て主は素人ですから、工務店・ハウスメーカーが示す工事費見積り金額が妥当かどうか分かりません。そこで国は、監理者にそれを調査して建て主に報告する役割を課しています。

ですから、あなたの家づくりで唯一のあなたの味方である監理者に工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を据えていては、いい家が安く作れないということです。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

監理者は誰か分からないまま家が建ってしまったという方、工務店・ハウスメーカーが選んだ人間が監理者でしたという方、

あなたの家は、監理者が工務店・ハウスメーカーの工事費見積り金額を精査することなく、見積り金額の妥当性を判定されることなく、建てられてしまいました。

あなたの家は、不適切な工事費を搾取された家かもしれない。あなたは払わなくてよいお金を払わされた人かもしれない。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えて家を建てた場合の、これが現実です。

監理者が工務店・ハウスメーカーの工事費見積り金額が妥当なものかどうかを判断し、あなたに報告していないことがそれを物語っている。

工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えてはいけません。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

監理者は誰か分からないまま家が建ってしまったという方、工務店・ハウスメーカーが選んだ人間が監理者でしたという方、

あなたは、払わなくてよいお金を払わされている。

監理理者には、工務店・ハウスメーカーの工事費支払い要求を合理的に判断し、払うお金と払わなくてよいお金を建て主に報告する役目がある。

工務店・ハウスメーカーの請求どおりに工事費を払った人は、払う必要のないお金まで払わされている可能性がある。

工務店・ハウスメーカーと関係のない第三者の建築士を監理者に選定することで、その監理者が工務店・ハウスメーカーの請求内容をチェックして、払う必要のないお金をジャッジしてくれる。

工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えてはいけません。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

監理者は誰か分からないまま家が建ってしまったという方、工務店・ハウスメーカーが選んだ人間が監理者でしたという方、

あなたは建て主不利に作られた工事請負契約書で契約している。契約書は誰が作っても自分有利に作る。あなたが何かの契約書を作る場合にも自分有利に作る。

監理者に工務店・ハウスメーカーとは一切関わりのない第三者の建築士を選んでおけば、工事請負契約書をチェックし、建て主不利に作られているところを訂正してくれる。契約条項を書き換えてくれる。書き換えた契約書で工務店・ハウスメーカーと契約を結べるように働いてくれる。

工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えてはいけません。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

光洋一級建築士事務所が知る限り、欠陥住宅を作られて損害賠償訴訟を起している建て主や、工務店・ハウスメーカーと金銭トラブルになっている建て主は、全て、監理者は誰か分からないまま家が建ってしまったという方、工務店・ハウスメーカーが選んだ人間が監理者でしたという方がた。

監理者に工務店・ハウスメーカーとは一切関わりのない第三者の建築士を選んでおけば、それらは全て防げていたこと。

工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えてはいけません。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

あなたを欺き・騙す目的で近づいてくるのが工務店・ハウスメーカーです。その証拠に

・建て主を欺き・騙す目的の概算見積書を提示する

・建て主不利に作られている工事請負契約書で契約しようとする

・監視者に工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を据えようとする

あなたの唯一の味方は、あなた自身が選んだ監理者であることをお忘れなく。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えないで、建て主自身が工務店・ハウスメーカーとは一切関わりのない第三者の建築士を監理者に選んでおけば、

1.適正価格で家が作れる。いい家安く作れる

2.建て主不利な工事請負契約を結ばずに済む

3.手抜き欠陥工事が防げる、欠陥住宅が防げる

4.不適切な工事費を払わされずに済む

法律は建て主が被害に会わないようにと制定されている。被害に会いたくなければ、あなた自身が法律を知り、それを守りなさい。

法に則って、第三者監理の家づくりを行うだけで、被害に会わずに済む。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

まとめ

あなたが守ることはただひとつ。

工務店・ハウスメーカーにとって都合のよい人間を監理者に据えないで、建て主自身が工務店・ハウスメーカーとは一切関わりのない第三者の建築士を監理者に選ぶこと。

どれだけの知識能力のある建築士を監理者に選べばよいか分からないという人は、家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるだけの知識能力のある建築士(設計事務所)を選べばよいでしょう。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

光洋一級建築士事務所は、建て主の方々にいい家を安く建てていただくために、家づくりネットワーク方式の家づくりを提唱・実践しています。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開・分離発注・第三者監理の家づくり。

同じ条件で家を建てるなら、一番安く作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

同じだけの工事費で建てるなら、一番良い家作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

手抜き・欠陥工事を行われる可能性が一番少ないのが、家づくりネットワーク方式の家づくり。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

家づくりネットワーク方式の家づくりは、それなりの知識と能力があれば、どこの設計事務所にでも行えます。

あなたが家を建てようとする地にある設計事務所にでも行える。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

家づくりネットワーク方式の家づくりは、場所と人を選びません。

徳島県で家を建てようとしている人が、東京の設計事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼してもよいのです。その東京の設計事務所が家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるなら、徳島県を拠点とする光洋一級建築士事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼したのと同じ結果が得られます。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

いい家を建てるには、第三者監理が必須です。

いい家を安く建てるには、第三者監理が必須です。

適正価格で家を建てるには、第三者監理が必須です。

コストダウンを実現するするには、第三者監理が必須です。

手抜き欠陥工事を防ぐには、第三者監理が必須です。

信頼できるよい工務店を見つけるには、第三者監理が必須です。

工務店・ハウスメーカーに欺かれないようにするには、第三者監理が必須です。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

いい家を建てなくてよいのなら、工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えなさい。

割高な家を建てられてもよいのなら、工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えなさい。

不適切な工事費を搾取されてもよいのなら、工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えなさい。

手抜き・ごまかし工事を行われてもよいのなら、工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えなさい。

欠陥工事を行われてもよいのなら、工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えなさい。

工務店・ハウスメーカーに欺かれ・騙されてもよいのなら、工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えなさい。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

欠陥住宅裁判の被告になっている工務店・ハウスメーカーの全てが、工務店・ハウスメーカーの関係者を監理者にして、家を建てている。

ここから分かることは、

工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えなければ、

工務店・ハウスメーカーと無関係の第三者の建築士を建て主自身が見つけてきて監理者に据えれば、欠陥工事は防げる。欠陥住宅を建てられないですむということ。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

工事費トラブルを引き起こしている工務店・ハウスメーカーの全てが、工務店・ハウスメーカーの関係者を監理者にして、家を建てている。

ここから分かることは、

工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えなければ、

工務店・ハウスメーカーと無関係の第三者の建築士を建て主自身が見つけてきて監理者に据えれば、工事費のトラブルは防げるということ。

監理者を誰にするかは重要です。

監理者には、工務店・ハウスメーカーの見積りをチェックしてその金額が妥当かどうか検証する役目、および、工事費の払い方払いタイミングについても他建て主に助言する役目があります。監理者の役目として国から課せられています。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

粗悪工事トラブルを引き起こしている工務店・ハウスメーカーの全てが、工務店・ハウスメーカーの関係者を監理者にして、家を建てている。

ここから分かることは、

工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えなければ、

工務店・ハウスメーカーと無関係の第三者の建築士を建て主自身が見つけてきて監理者に据えれば、粗悪工事のトラブルは防げるということ。

監理者を誰にするかは重要です。

監理者には、施工中および施工後でも、粗悪工事をチェックし、工務店・ハウスメーカーに手直しさせる役目があります。粗悪工事が手直しされるまで、建物の引渡しを拒否し、工事費を払わないことを建て主に助言する役目があります。

工務店・ハウスメーカーの推薦する者が監理者になれば、粗悪工事をチェックするこの役目を正しく行うわけがない。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

これだけは忘れないで下さい。

工務店・ハウスメーカーと請負契約を結んで家を建てるという場合、建て主の側に立つ者・建て主の味方は、監理者だけです。

その大切な監理者を、工務店・ハウスメーカーの関係者にやらせてはいけません。

第三者の監理者を、建て主自らが選ぶべきです。

第三者監理の家づくりを実践しているのは、家づくりネットワーク方式の家づくりだけかもしれません。

第三者監理の重要性を何度も何度もお伝えしているのは、光洋一級建築士事務所だけかもしれません。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開・分離発注・第三者監理の家づくり。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

大切なお金、監理費の話(1)

監理にかけるべき時間は、監理対象建物の種類・大きさにより国が定めています。

よって、同じ家を同じ能力の建築士(つまり同じ技術料を取る)が監理すれば、監理者に支払うことになる監理費歯、同じということになります。

監理者が第三者の建築士でも、工務店・ハウスメーカーの関係者でも、建て主の支払う監理費は同じということです。

同じだけの監理費を払うのなら、第三者の建築士にちゃんと監理してもらわねば、意味がありません。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

大切なお金、監理費の話(2)

工務店・ハウスメーカーが提示する見積書には、監理費の費目・項目などないことが多い。見積書に監理費の記載がなくても、どこかの項目に潜り込ませて必ず収受している。建物の規模に相応しい有資格者を監理者としてつけなければならないと法律に定められているから。

見積書に監理費の項目がないのは、ダメな見積書です。あっても、その監理費が以上に少ないもの、ダメな見積書です。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

工務店・ハウスメーカーと話を進めているところなら、監理時間を定めた国土交通省通達の書面を見せてもらいなさい。必要な監理者の能力給表を見せてもらいなさい。監理者の日当と経費の割合を定めた表を見せてもらいなさい。

あなたがよしとするランクの建築士が国が定めた時間・回数正しく監理業務に従事すれば、どれだけの監理費が必要か、それらの情報で求められます。

見積書に監理費の項目がないのは、ダメな見積書です。あっても、その監理費が以上に少ないもの、ダメな見積書です。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

大切なのでもう一度。

監理者は何があっても、工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えてはいけません。

住宅被害者になりたくなければ、工務店・ハウスメーカーの推薦する者を監理者に据えてはいけません。

監理者になってもらうに相応しい第三者の建築士を選ぶ基準は、家づくりネットワーク方式の家づくりを行える建築士(設計事務所)であること、でいいでしょう。

家づくりネットワーク方式の家づくりを行える建築士(設計事務所)なら、正しい監理を行える能力もあります。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

大切なのでもう一度。

監理者は何があっても、工務店・ハウスメーカーとは無関係の第三者の建築士を選ばなければいけません。

家づくりを依頼した工務店・ハウスメーカーとは無関係の第三者の建築士、あなたが家を建てる地域で見つけるのは難しい。

ですから、監理者になってもらう第三者の建築士は、あなたが家を建てる地からすこし離れた都道府県で探すのが基本です。

大切なのでもう一度。

監理者は何があっても、工務店・ハウスメーカーとは無関係の第三者の建築士を選ばなければいけません。

家づくりで一番大切なこと、家づくりで一番大切なことは、家づくりで一番大切なことは監理、家づくりで一番大切なことは監理者、家づくりで一番大切なことは第三者監理

トップページ前のページ次のページサイトマップ