光洋一級建築士事務所のトップページに戻る

理想の家を安く建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法

・あなたも本当は、建設会社に不当な利益を取られたくないと思っているはずです

・あなたも本当は、最低価格で理想の家を建築したいと思っているはずです

・あなたも本当は、手抜き・欠陥のない理想の家を建築したいと思っているはずです

手抜き・欠陥を防止し、仕様を落さずにローコスト化を図り、本当の意味での理想の家を建築できる方法は一つしかありません。

それは、あなた自身が建築を熟知し、全てを差配して行うことです。が、現実には無理なことです。

ではどうすれば、理想の住宅を最低価格で建築することができるかのお話です。

家を欲しいと思ったらまずモデルハウスを見に行くのが一般的でしょう。その後、建築雑誌を買ったり、いろいろ情報を集めます。

知り得た情報を吟味し、数社の住宅会社に見積りを依頼する。

いや、依頼しないのに造らせてくれと言って持参する一番安い業者と高い業者の差は600万円。

同じ広さなのになぜ600万円もの差が。安いのが良いのだろうか、それとも高い方が安心なのだろうか。

疑問を持ったまま、良い家を創れる基準と関係ないところで依頼先を決めてしまう。

殆どの建て主がこのパーターンでしょう。

理想の住宅を最低価格で取得したければ、これらの建て主は間違った行動をしていると言わざるを得ません。

安い業者に依頼しようと、高い業者に依頼しようと、その工事価格が適正であることの根拠はない。

これらを全て明らかにする方法が相見積りなのです。

同じ積算書に価格を入れ、数社が競う合う。誤魔化しようがない。

本当の相見積りを行うにはどのようにすればよいのでしょうか。

まず住宅の全てを熟知している設計事務所に、あなたの理想の家の設計と積算書の作成を依頼する。

ここで設計士と密な話し合いを行い、理想の家を決めておかねばなりません。

予算もあらかじめ話しておいて下さい。そうすることで理想の家の設計図と積算書が作成されます。

これがあなたが建てる家になるのです。

次に、あなたが良しとしている住宅会社、建設会社に相見積りを依頼する。何もあなたが直接依頼しなくとも、設計事務所が行ってくれます。

設計事務所は積算書の作成と同時に、設計事務所が適正と思う価格を記入した見積書を作成しています。

後は各業者の見積書の提出を待つだけ。提出されれば、それを設計士と共に比較検討する。これが本当の相見積り

600万円の価格差が生じた理由も全て明らかになる。

見積書を吟味し、自分にとって重要でない経費を省く。こうすることで仕様書(質)を落すことなく理想の家を最低価格で建築することができます。

安心して理想の家を最低価格で、住宅の最低価格を入手する手段はこれしかないでしょう。どの専門家に尋ねても同じ答えが返ってくることでしょう。

ムダな経費、費用を省いた家づくり、良い家を安く造れる方法はこちら

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

このように吟味することで、今必要なものと、今はなくてもよいものが見えてくる。今必要なもの以外は後に回せばその分安くできる。

ずっと造らなくて済めば、それは不要なものであり、ムダな出費が防げることに。

理想の家を安く造るコツはセルフビルド。自分達でできることは自分達でする。そうすることで手間賃が不要となりその分安くなる。

手間賃が安くなる分だけ資材にお金を掛ければ性能・グレードの良い家になる。家づくりに参加することで愛着も増し、一挙両得というものだ。

家づくりにおいて素人でもできることは結構沢山存在する。

あなたの友人知人親戚の中にも専門職(電気、水道、サッシ、左官、タイル、設備業者等々)がいれば、価格をチェックしてもらうことだ。

友人知人親戚の専門職が安ければ、工事に参加してもらえばその分安くなる。

これも理想の家を最低価格で入手する一つの手段である。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

業者の業務形態により粗利益は10%〜50%と幅広い。理想の家を最低価格で入手したければ粗利益10%で健全経営の業者に依頼することだ。巡りあえれば最大40%安くなる。

原価1500万円のそっくり同じ家を1666万円で入手するか、3000万円払うか。粗利益10%で健全経営システムの業者に依頼することは、理想の家を最低価格で入手する一つの手段である。

工事原価 粗利益10%の業者価格 粗利益50%の業者価格
 1500万円  1666万円 3000万円

そっくり同じ家を建てて1300万円もの差、一考の余地はありそうですね。そっくり同じ家を最低価格で入手したければ、建て主もそれなりの努力をする必要がある。全て業者任せ、業者の言いなりでは不可能と言うことだ。

建て主が家づくりにどれだけ関わるか、関わった分だけ安くなる。セルフビルしかり、施主支給しかり、粗利益の少ない業務形態業者を探すことしかり。

粗利益10%で建築可能な家づくりシステムが「家づくりネットワーク方式」なのです。

家づくりネットワーク方式での家づくりは光洋一級建築士事務所でなくても、それなりの能力のある建築士なら誰でも行える。あなたの友人知人親戚の中に適当な建築士がいれば依頼することで理想の家を最低価格で入手できるであろう。

家づくりネットワーク方式は施主支給もセルフビルド(建て主参加)も大歓迎。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

理想の家を最低価格・最低工事費で建てるお話しです。

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたければ、工務店・ハウスメーカーの見積り金額を信じてはいけません。

工務店・ハウスメーカーが示す工事費見積り金額は、大雑把・いい加減に算出された信用できない概算見積り金額。

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたければ、工務店・ハウスメーカーが示す工事費見積り金額から、家に直接使われるお金と誰かの懐に消えて行くお金とを分けるところから始めましょう。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

あなたが払うお金

あなたが払うお金 家に直接使われるお金 =あなたの家づくりに必要とされるお金
誰かの懐に消えて行くお金 =あなたの家づくりに必ずしも必要とされないお金

家に直接使われるお金だけで建てた家が、最低価格・最低工事費で建てた家。

工務店・ハウスメーカーに依頼して家を建てるのなら、家に直接使われるお金だけで建てるのは不可能ですが、限りなく家に直接使われるお金に近づけて建てた家が、工務店・ハウスメーカーで最低価格・最低工事費で建てた家。

家に直接使われるお金だけで建てたいとするのが、家づくりネットワーク方式の家づくり

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

あなたが依頼しようとしている工務店・ハウスメーカーが経費利益として工事費の30%をピンハネする業者なら、見積り金額2000万円、家に直接使われるお金は、2000万円×70%で、1400万円。

工務店・ハウスメーカーがピンハネするお金、工務店の懐に消えて行くお金は、600万円。

見積り金額2000万円の家、最低価格・最低工事費は1400万円だということに。

最低価格・最低工事費で建てたければ、工務店・ハウスメーカーの見積り金額2000万円の家を1400万円で建てる方法を考えましょう。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

工務店・ハウスメーカーがピンハネするお金 600万円  
監理費 1400万円 工事原価
これだけで建てたいとするのが家づくりネットワーク方式の家づくり
労務費
資材費

工務店・ハウスメーカーの見積り金額2000万円の家、家づくりネットワーク方式の家づくりなら1400万円で建てれるとの計算になるが、そうはうまく運ばない。ですが、工務店よりも安く作れることだけは確かです。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたければ、工事原価を知ることです。

工事原価を知らないのでは、工務店・ハウスメーカーの見積り金額が高いのか妥当なのか分からない。工事原価を知らずに最低価格・最低工事費で建てることはできない。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたければ、工事原価を知ることです。工事原価をする手立ては三つ、

1.資材費・労務費・経費利益の内訳まで明らかになる本当の合い見積りを行う

2.工務店・ハウスメーカーから入手した見積書を第三者の専門家に精査してもらい、家に直接使われるお金(工事原価)と誰かの懐に消えて行くお金とに仕分けてもらう

3.家づくりネットワーク方式の家づくりで建てる

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開、分離発注、第三者監理の家づくり。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたければ、工務店・ハウスメーカーに全てを任せてはいけません。

少なくとも監理者だけは、工務店・ハウスメーカーとは一切関わりのない第三者の建築士をあなた自身が見つけてきてその建築士を据えなければいけません。これを第三者監理という。

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたければ、監理者は工務店・ハウスメーカーとは一切関わりのない第三者の建築士を据えるのが原則です。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

工務店・ハウスメーカーに家づくりを依頼して、なおかつ理想の家を最低価格・最低工事費で建てたいというのであれば、工務店・ハウスメーカーの見積り金額から、家に直接使われることなくどこかに消えて行くお金、誰かの懐に消えて行くお金を見つけ、建て主の価値観で払いたくない払わされたくないとするお金をカットすること。これ以外に工務店・ハウスメーカーに家づくりを依頼して、なおかつ理想の家を最低価格・最低工事費で建てことはできない。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

工務店・ハウスメーカーの見積り金額から、家に直接使われることなくどこかに消えて行くお金、誰かの懐に消えて行くお金を見つけてくれるのが、見積書チェックを行ってくれる建築士や、監理者として選定した工務店・ハウスメーカーとは一切関わりのない第三者の建築士です。

見積書チェックを依頼する建築士に監理も依頼すればよいでしょう。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたければ、見積書チェックと第三者監理が条件となることは前述しました。

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたければ、あとはあなたがが実行するだけ。

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたる方法はお伝えしました。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

理想の家を最低価格・最低工事費で建てたるために、ここまででお伝えしたことを自分で実行するのは無理だとする人は、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しましょう。

理想の家を最低価格・最低工事費に近い金額で手に入れる方法は、これしかない。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、それなりの知識・能力があればどこの設計事務所にでも行える。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げている。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

家づくりネットワーク方式の家づくりをもっと知りたい方のために家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、分離発注で家を建てたい建て主に代わって設計事務所が分離発注で建て主がやるべきことの全てを代行する家づくりシステムです。

家づくりネットワーク方式の家づくりには、工務店・ハウスメーカーは一切介在しません。

ですから、工務店・ハウスメーカーに家づくりを依頼したときには中間搾取される工務店・ハウスメーカーの経費・利益をまったく必要としません。

その分、工務店・ハウスメーカーに家づくりを依頼するのよりも、工事費が安くなるということです。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

家づくりネットワーク方式の家づくりをもっと知りたい方のために家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

家づくりネットワーク方式の家づくり

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

家づくりネットワーク方式の家づくりをもっと知りたい方のために家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

建て主

分離発注(家づくりネットワーク方式の家づくり)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−→

専門職たち
(元請)
建て主

一括発注
−−−−−→

工務店
(元請)

分離発注
−−−−−−−−−−−−−−−→

専門職たち
(下請)
建て主

一括発注
−−−−−→

ハウスメーカー
(元請)
一括発注
−−−−−→
工務店
(下請)
分離発注
−−−−−→
専門職たち
(孫請)

建て主と専門職との間に、余計な組織が入れば、それぞれが粗利益(中間搾取)を必要とする。

家づくりネットワーク方式の家づくりでは、建て主は専門職と直接結びついているから、工務店・ハウスメーカーの粗利益(中間搾取)などない。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

家づくりネットワーク方式の家づくりをもっと知りたい方のために家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

工務店・ハウスメーカーが提示する
工事費見積り金額
家の建設に直接は関係ないお金
(工務店・ハウスメーカーの経費・利益)
家の建設に直接使われるお金
(直接工事費=工事原価)

直接工事費=工事原価だけで建てようとするのが、分離発注。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開・分離発注・第三者監理の家づくり

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

家づくりネットワーク方式の家づくりをもっと知りたい方のために家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

光洋一級建築士事務所は、建て主の方々にいい家を安く建てていただくために、家づくりネットワーク方式の家づくりを提唱・実践しています。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開・分離発注・第三者監理の家づくり。

同じ条件で家を建てるなら、一番安く作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

同じだけの工事費で建てるなら、一番良い家作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

手抜き・欠陥工事を行われる可能性が一番少ないのが、家づくりネットワーク方式の家づくり。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

家づくりネットワーク方式の家づくりは、それなりの知識と能力があれば、どこの設計事務所にでも行えます。

あなたが家を建てようとする地にある設計事務所にでも行える。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

家づくりネットワーク方式の家づくりは、場所と人を選びません。

徳島県で家を建てようとしている人が、東京の設計事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼してもよいのです。その東京の設計事務所が家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるなら、徳島県を拠点とする光洋一級建築士事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼したのと同じ結果が得られます。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

理想の家を最低価格で作るためのポイントは、無駄なお金を使わないこと。

無駄なお金を極力省きなさい。無駄なお金を全部省いて建てられた家が、最低価格・最低工事費で建てた家。

この最低価格・最低工事費とは、単に額面が安いことではない。

工務店・ハウスメーカーが提示する見積額3000万円の家、3000万円のうち1000万円が無駄金なら、その1000万円をカットして、2000万円で同じ家が作れたら、これが最低価格・最低工事費で建てた家。

ですから、坪当たり30万円の安い家もあれば、坪当たり100万円超の安い家もあるということです。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

工務店・ハウスメーカーの家づくりには必要で、家づくりネットワーク方式の家づくりには不要な経費・費目にはどのようなものがあるかリストアップしてみます。

工事費見積り金額に含まれるお金比較1

  工務店・ハウスメーカー 家づくりネットワーク方式の家づくり
営業マン人件費・経費 含まれる ない
モデルハウス・住宅展示場償却費・維持費 含まれる ない
宣伝広告費 含まれる ない

工務店・ハウスメーカーには必要でも家づくりネットワーク方式の家づくりには不要な経費費目の分だけ工事費が安くなる。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

工務店・ハウスメーカーは、家づくりネットワーク方式の家づくりでは必要のない以下の経費・費目が必要となる。

工事費見積り金額に含まれるお金比較2

  工務店・ハウスメーカー 家づくりネットワーク方式の家づくり
現場監督の人件費・経費 含まれる ない
現場監督の車両費 含まれる ない
監理費 含まれる 監理費として見積もりに計上
間接部門の人件費・経費 含まれる ない
間接部門の車両費 含まれる ない

工務店・ハウスメーカーには必要でも家づくりネットワーク方式の家づくりには不要な経費費目の分だけ工事費が安くなる。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

工務店・ハウスメーカーは、家づくりネットワーク方式の家づくりでは必要のない以下の経費・費目が必要となる。

工事費見積り金額に含まれるお金比較3

  工務店・ハウスメーカー 家づくりネットワーク方式の家づくり
ロイヤリティ・上納金 含まれる ない
現場見学会・完成見学会開催経費 含まれる ない
チラシ・パンフレット制作費 含まれる ない

工務店・ハウスメーカーには必要でも家づくりネットワーク方式の家づくりには不要な経費費目の分だけ工事費が安くなる。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

工務店・ハウスメーカーは、家づくりネットワーク方式の家づくりでは必要のない以下の経費・費目が必要となる。

工事費見積り金額に含まれるお金比較4

  工務店・ハウスメーカー 家づくりネットワーク方式の家づくり
経営陣の報酬・経費 含まれる ない
社屋償却費・家賃 含まれる ない
通信費・光熱水費 含まれる ない
福利厚生費 含まれる ない
事務費 含まれる ない

などなど。

工務店・ハウスメーカーには必要でも家づくりネットワーク方式の家づくりには不要な経費費目の分だけ工事費が安くなる。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

あなたの価値観で、工務店・ハウスメーカーには必要などの経費費目をカットするか。

カットすればするほど、最低価格・最低工事費で建てる理想の家に近づく。

工務店・ハウスメーカーに掛け合って、ムダ金をカットできる知識と交渉術がない場合には、家づくりネットワーク方式の家づくりを選択すると良いでしょう。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

あなたが理想とする家を最低価格で手に入れるコツは、無駄なお金を使わないこと。無駄なお金をカットする方法は、次の3つ。

1.工事原価および工務店・ハウスメーカーの経費・利益の内訳が明らかになる本当の相見積り・競争入札を行う

2.第三者の専門家の見積書チェックを活用し、工務店・ハウスメーカーの見積り金額を減額させる

3.家づくりネットワーク方式の家づくりを行う

あなたが理想とする家を最低価格で手に入れるには、この3つのうちのどれかを実行することです。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

家に直接使われるお金、直接工事費=工事原価とは、資材費と労務費と監理費の合計です。

工務店・ハウスメーカーが提示する見積額は、この工事原価に彼らが必要とする経費・利益の額を上乗せしたもの。

家を作るのなら、本当は工事原価だけで作れるということです。

工務店・ハウスメーカーに家づくりを任せるにしても、工事原価にあなたがこれくらいなら工務店・ハウスメーカーに与えてやっても良いとする彼らの取り分を加えた額が、あなたの納得できるその家の適正価格。

あなたの理想の家の適正価格とは、けっして、工務店・ハウスメーカーの欲しいだけの経費・利益を上乗せした額ではありません。

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

3.見積りチェック、見積書チェック

4.本当の相見積りのためのデータ作成(図面と積算書)

5.工事の監理

6.住宅調査、欠陥住宅の調査

理想の家を安く建る方法、理想の家を安く建る方法は、理想の家を最低工事費で建る方法、理想の家を最低工事費で建る方法は

トップページ前のページ次のページサイトマップ