光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い

資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その1

1)資産価値の高い家とは、丈夫で長持ちする家、寿命の長い家、耐久性に優れた家

2)資産価値の高い家とは、50年後100年後も住み心地のよい家、快適に暮せる家

3)資産価値の高い家とは、ライフサイクルコストの少ない家、メンテナンスコストの少ない家

4)資産価値の高い家とは、50年後100年後も存在するデザインの家

5)資産価値の高い家とは、可変性のある家

資産価値の高い家とはこの5つを兼ね備えた家のこと。

資産価値の高い家は分離発注で建てる、よく分からないとする人は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

資産価値の高い家は分離発注で建てるをお伝えする光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その2

高気密高断熱の家を資産価値の高い家とする工務店もある。

高気密高断熱の家は、資産価値の高い家の一部であって全てではない。

高気密高断熱の家建てる目的は、屋内の温度湿度を一定に保てることで住み心地のよい家とすることにある。省エネに優れ、ランニングコストの少ない家とすることにある。

高気密高断熱の家は、「資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その1」に挙げた2)3)に該当する家でしかない。

高気密高断熱の家であっても、30年後に存在しないデザインの家では、資産価値は少ない。

高気密高断熱の家であっても、寿命が30年50年の家では、資産価値は少ない。

高気密高断熱の家であっても、ライフスタイルに追従てきない家では、資産価値は少ない。

資産価値の高い家は分離発注で建てる、よく分からないとする人は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

資産価値の高い家は分離発注で建てるをお伝えする光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その3

30年で建て替えなければならない3000万円の家と、100年後も平気な顔で立っている3000万円の家。その寿命差は3倍強。

100年後も平気な顔で立っている家の資産価値は、前者の家の3倍強。

同じだけの工事費で建てるなら、資産価値の高い家建てるなら、寿命の長い家建てなさい。

同じだけの工事費で、より長持ちする家、寿命の長い家を作れるのが分離発注。資産価値の高い家建て建て主に最も適した家づくりが分離発注。

資産価値の高い家は分離発注で建てる、よく分からないとする人は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

資産価値の高い家は分離発注で建てるをお伝えする光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その4

住み心地のよい家、快適に暮せる家は二通り。

住み心地のよい家その1=エアコンなどを使うことで快適に暮せる家

住み心地のよい家その2=エアコンなどに頼らなくても快適に暮せる家

資産価値の高い家はどちら?

断熱性気密性に優れた家建てれば、住み心地のよい家その1は実現します。

住み心地のよい家その2は、住み心地のよい家その1にプラスアルファが必要です。

同じだけの工事費で建てるなら、資産価値の高い家建てなさい。エアコンに頼らずとも住み心地のよい家・快適に暮せる家建てなさい。

同じだけの工事費でエアコンに頼らずとも住み心地のよい家・快適に暮せる家作れるのが分離発注。

資産価値の高い家建てたい建て主に適した家づくりが分離発注。

資産価値の高い家は分離発注で建てる、よく分からないとする人は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

資産価値の高い家は分離発注で建てるをお伝えする光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その5

数年毎に数十万円〜数百万円のメンテナンス費を必要とする家と、ほとんどメンテナンス費を必要としない家、資産価値の高い家はどちら?

同じだけの工事費で建てるなら、メンテナンス費必要としない家建てなさい。

毎年、数万円〜数十万円の冷暖房費を必要とする家と、わずかな冷暖房費で一年中快適に暮せる家、資産価値の高い家はどちら?

同じだけの工事費で建てるなら、冷暖房費の少ない家建てなさい。

同じだけの工事費で、メンテナンス費必要としない家、冷暖房費の少ない家作れるのが分離発注。

資産価値の高い家建てたい建て主に適した家づくりが分離発注。

資産価値の高い家は分離発注で建てる、よく分からないとする人は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

資産価値の高い家は分離発注で建てるをお伝えする光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その6

いま流行のデザインの家でも、30年後50年後廃れてしまっているデザインなら、資産価値の少ない家。

中古住宅購入希望者100人中一人しか買い手の付かないデザインに家は、値の付かない家。

中古住宅購入希望者100人全てがほしがるデザインの家は高値が付く家。資産価値の高い家はどちら?

奇を衒った家は自己満足の家であって、資産価値の高い家ではない。資産価値の高い家のデザインは普遍です。

資産価値の高い家建てたい建て主に適した家づくりが分離発注。

資産価値の高い家は分離発注で建てる、よく分からないとする人は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

資産価値の高い家は分離発注で建てるをお伝えする光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その7

資産価値の高い家は家に直接使われるお金(工事費)に比例する。

契約金額3000万円の全てが家に使われて作られた家と、2000万円しか家に使われなかった家と、どちらが資産価値の高い家ですか?

前者の家づくりが分離発注。後者の家づくりは工務店・ハウスメーカーの家づくり。

資産価値の高い家建てたい建て主に適した家づくりが分離発注。

資産価値の高い家は分離発注で建てる、よく分からないとする人は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

資産価値の高い家は分離発注で建てるをお伝えする光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その8

建て主が工務店・ハウスメーカーに払うお金は大きく次のように分かれる。

工務店・ハウスメーカーの家づくりに必要なお金 工務店・ハウスメーカーの粗利益  
監理費 分離発注の家づくりに必要なお金
労務費
資材費

工務店・ハウスメーカーにピンハネされるお金=工務店・ハウスメーカーの粗利益を直接家を作ることに使えば、同じ工事費で工務店・ハウスメーカーが作る家より資産価値の高い家が作れる。

資産価値は、家に直接使うお金(直接工事費)で決まる。

資産価値の高い家建てたい建て主に適した家づくりが分離発注。

資産価値の高い家は分離発注で建てる、よく分からないとする人は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

資産価値の高い家は分離発注で建てるをお伝えする光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

資産価値の高い家、資産価値の高い家の作り方・その9

分離発注とは、工務店・ハウスメーカーに家づくりを依頼しない、工務店・ハウスメーカーを介在させない家づくり。

工務店・ハウスメーカーが介在しないことで、工務店・ハウスメーカーの粗利益が不要となり、その不要となったお金を直接家を作ることに使ことで、同じ工事費で工務店・ハウスメーカーが作る家より資産価値の高い家を作ることができる。

家づくりの基本は分離発注。工務店・ハウスメーカーも実は分離発注で建てている。

資産価値の高い家建てたい建て主に適した家づくりが分離発注。

資産価値の高い家は分離発注で建てる、よく分からないとする人は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

資産価値の高い家は分離発注で建てるをお伝えする光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

いい家安く建てていただく目的持ってあらゆる情報お伝えする光洋一級建築士事務所の案内です。

光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.工事監理

3.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

4.建て主の求めにより行う工務店・ハウスメーカー見積りチェック、見積書チェック

5.建て主の求めにより行うコストダウン

6.本当の相見積り行うに必要とされる積算書の作成と相見積もりの代行

7.ハーフビルド、セルフビルドの家づくり行う建て主のサポート

8.建て主自身が行う分離発注サポート

9.住宅調査検査、欠陥工事欠陥住宅調査検査、調査報告書(鑑定書)の作成

10.建て主に代わって住宅検査を実行

光洋一級建築士事務所は分離発注でいい家安く建てたいとする建て主をサポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所はコストダウンのお手伝いをする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより第三者監理する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより工務店・ハウスメーカー交渉代行する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は、いい家安く作ることに特化した設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何の地であっても第三者の監理者として建て主サポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 資産価値の高い家、資産価値の高い家とは、資産価値の高い家と資産価値の低い家の違い 

トップページ前のページ次のページサイトマップ