光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

完成した住宅に不具合がある場合の対処方法、相談先は

完成した家に不具合がある場合の対処方法

完成した家に何かしらの不具合があった、何かしらの不具合を発見した場合の対処方法のお話です。

あなたが何かしらの不具合発見し、工務店・ハウスメーカーに手直しを依頼したが、「これは不具合ではない。こんなものです。他の工務店・ハウスメーカーも同じように行っている」なとど言われたら、どうします。

多くの場合、あなたが幾ら強く主張しても工務店・ハウスメーカーは不具合とは認めない。

完成した家に不具合があった何かしらの不具合を発見した場合、あなたの取るべき手立ては。

完成した家に不具合があった場合の対処方法、更に詳しく知りたいなら光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

完成した家に不具合があった場合の対処方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 

完成した家に不具合がある場合の対処方法

完成した家に不具合があったのなら、手直ししてもらわねばなりません。完璧に手直しできないのなら、損害を賠償してもらわねばなりません。

手直し求めるにせよ、損害賠償を請求するにせよ、不具合(瑕疵)であること証明しなければなりません。

証明責任は建て主側にある。証明できなければ「これは瑕疵ではない、不具合ではない」と言い逃れられる。

建て主が証明できなければ建て主の負け。あなたに証明できるだけの知識がないなら、然るべき知識能力有する第三者の専門家に証明してもらうしかない。

完成した家に不具合があった場合の対処方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 

完成した家に不具合がある場合の対処方法

以下のような不具合があっても・・

・車が通っただけで家が揺れる、少し風が吹いただけで家が揺れる

・人が歩けば家が揺れる

・どこかから隙間風が入ってくる

・高断熱住宅としたはずなのに夏暑く、冬寒い

・建具の締りが悪い

・工事が悪い

・約束どおりの工事が行われていない

・工事ミスがある

・手抜き工事、欠陥工事が行われている

これら不具合の原因証明しなければ、「こんなものです」と言い逃れされて、終り。

工務店・ハウスメーカーはこのこと百も承知。だから、他の工務店・ハウスメーカーも同じ、他の家も同じといって言い逃れる。

不具合であること、工事ミス、手抜き工事であること、証明するのは建て主側の責任なのです。

完成した家に不具合があった場合の対処方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 

完成した家に不具合がある場合の対処方法

あなたが発見した不具合、見た目は小さな不具合でもその裏に大きな不具合が隠されていることもある。

引渡し日より10年が時効。10年以内に手直しさせなければ、損害賠償させなければ、建て主の負け。

工務店・ハウスメーカーはのらりくらりと引き延ばし工作行う。工務店・ハウスメーカーはその道のプロ。裏に大変な瑕疵が存在すること百も承知です。工務店・ハウスメーカーは10年経過するのを待っている。

何かしらの不具合発見したら、例えそれが小さな不具合でも裏に大きな不具合が隠されていることもある。あなたが手直し求めるのは隠されている大きな瑕疵であって、見た目の小さな不具合ではない。

手直しを求める、是正工事を求める、損害賠償を請求するのは、引渡し日から10年以内。

完成した家に不具合があった場合の対処方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 

完成した家に不具合がある場合の対処方法

何かしらの不具合発見したら、あなたの取るべき手立ては一つ。瑕疵であること、欠陥であること証明すること。

あなたにその不具合が瑕疵であること、欠陥であること証明できなければあなたの負け。工務店・ハウスメーカーはあなたの敵。あなたの家づくりに関わった全ての業者、全ての職人があなたの敵。良い人だと思っていた営業マンもあなたの敵。誰一人、その不具合が瑕疵であること、欠陥であること証明する手助けなどしてくれない。

完成した家に不具合があった場合、不具合を発見した場合、建て主の取るべき対処方法は、賢明なあなたならもうお分かりですね。

完成した家に不具合があった場合の対処方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 

完成した家に不具合がある場合の対処方法

完成した家に何かしらの不具合、瑕疵があった場合の建て主の対処方法は二つに分かれる。

1)手直ししてもらう、損害賠償してもらう

2)諦める、泣き寝入りする

1)を取ろうとすると、それが不具合、瑕疵であると工務店・ハウスメーカーに納得させなければならない。建て主一人ではそれは無理なことだが、そんなときに建て主の味方となるのが、建て主が相談先となるのが、第三者の専門家(設計事務所)。

あなたは不具合、瑕疵、欠陥工事があることを証明してほしいと第三者の専門家(設計事務所)へ調査を依頼すればよい。

ただし、相談先、調査依頼先となる設計事務所選びも重要です。設計事務所選びを間違えれば本当は不具合、瑕疵、欠陥工事があるのに、不具合、瑕疵、欠陥工事などないとされることもある。

完成した家に不具合があった場合の対処方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 

いい家安く建てていただく目的持って、あらゆる情報お伝えする光洋一級建築士事務所の案内です。

光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.工事監理

3.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

4.建て主の求めにより行う工務店・ハウスメーカー見積りチェック、見積書チェック

5.建て主の求めにより行うコストダウン

6.本当の相見積り行うに必要とされる積算書の作成と相見積もりの代行

7.ハーフビルド、セルフビルドの家づくり行う建て主のサポート

8.建て主自身が行う分離発注サポート

9.住宅調査検査、欠陥工事欠陥住宅調査検査、調査報告書(鑑定書)の作成

10.建て主に代わって住宅検査を実行

光洋一級建築士事務所は分離発注でいい家安く建てたいとする建て主をサポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所はコストダウンのお手伝いをする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより第三者監理する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより工務店・ハウスメーカー交渉代行する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は、いい家安く作ることに特化した設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何の地であっても第三者の監理者として建て主サポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 引き渡し受けた家、完成した家に、新築住宅に瑕疵、欠陥、手抜き工事、不具合発見した場合の対処の方法 

トップページ前のページ次のページサイトマップ