光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

新築住宅第三者監理は建て主を守る・光洋一級建築士事務所

新築住宅監理、第三者監理

木造住宅で100m2、木造住宅以外で30m2を超えた家を建築する場合、有資格者の監理者を定めなければならない。これは法律です。全ての建て主、全ての工務店・ハウスメーカーが守らなければならない。

あなたが延床面積100m2以上の木造住宅を建てようとしている人なら、あなたは監理者を定めなければならない。

監理者って何。そんなのを定めた記憶がない?

工務店・ハウスメーカーで既に家を建てている人なら、あなたの知らぬ間に、工務店・ハウスメーカーが監理者を定めている。工務店・ハウスメーカーが勝手に工務店・ハウスメーカーに都合の好い者を監理者として、役所に届け出ている。

新築住宅監理、第三者監理、第三者監理の家づくり、更に詳しく知りたいなら光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

新築住宅監理、第三者監理、第三者監理の家づくりお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 

新築住宅監理、第三者監理

監理者は二種類ある。

1)工務店・ハウスメーカー関係者、つまり工務店・ハウスメーカーに都合の好い者がなっている場合

2)工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の専門家がなっている場合

欠陥住宅作られる原因の一つは、1)の監理者であるから。

光洋一級建築士事務所の知るかぎり、欠陥住宅作られた全ての建て主は1)を監理者として家を建てている。

新築住宅監理、第三者監理、第三者監理の家づくりお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 

新築住宅監理、第三者監理

欠陥住宅防ぐ最も有効な方法が第三者監理の家づくり。工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の専門家に監理を依頼する第三者監理の家づくり。

工務店・ハウスメーカーで注文住宅、マイホーム、新築住宅建てるにおいて、あなたの味方はあなたが監理を依頼した第三者の監理者だけ。

監理者を工務店・ハウスメーカー関係者、つまり工務店・ハウスメーカーに都合の好い者にした時点で、あなたの味方は誰もいなくなる。手抜き工事、欠陥工事はこうして行われる。

工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の専門家を監理者とする第三者監理の家づくりは、家づくりの基本です。

新築住宅監理、第三者監理、第三者監理の家づくりお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 

新築住宅監理、第三者監理

・いい家安く、安くいい家建てたいなら

・手抜き工事、ごまかし工事行われたくないなら

・欠陥工事行われたくない、欠陥住宅作られたくないなら

・暴利取られたくないなら

・わけのわからないお金取られたくないなら

・大切なお金、騙し取られたくないなら

・工務店・ハウスメーカーとの間で起きるトラブル防ぎたいなら

第三者監理の家づくりを実行しなさい。

新築住宅監理、第三者監理、第三者監理の家づくりお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 

新築住宅監理、第三者監理

第三者監理の家づくりは工務店・ハウスメーカーの良し悪し見分けられる。

「監理は光洋一級建築士事務所に依頼します。第三者監理の家づくり行いますがよろしいですか」と告げて、快く応じる工務店・ハウスメーカーなら、光洋一級建築士事務所が監理者となることを拒否する工務店・ハウスメーカーより良い工務店・ハウスメーカーと言える。

「第三者監理の家づくりをする」と宣告するだけで工務店・ハウスメーカーの良し悪しが分かる。

建て主を被害者にする、建て主に損害を与える工務店・ハウスメーカーを排除したければ第三者監理の家づくりを実行しなさい。

新築住宅監理、第三者監理、第三者監理の家づくりお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 

新築住宅監理、第三者監理

工務店・ハウスメーカー関係者、工務店・ハウスメーカーに都合の好い者を監理者にはしない、これ

・手抜き工事、ごまかし工事行わせないための基本です

・欠陥工事防ぐ、欠陥住宅作らせないための基本です

・暴利取られないための基本です

・わけのわからないお金取られないための基本です

・工務店・ハウスメーカーに好き勝手やらせないための基本です

工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の専門家を監理者とする第三者監理の家づくりは、家づくりの基本です。

新築住宅監理、第三者監理、第三者監理の家づくりお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 

新築住宅監理、第三者監理

工事途中で工務店に不信抱いて、光洋一級建築士事務所へ監理を依頼してきた建て主がいます。

光洋一級建築士事務所へと監理者変更したのち、光洋一級建築士事務所が検査をしました。複数の欠陥工事が見つかりました。その全てが耐震性や済み心地に関わる重要な欠陥工事でした。

光洋一級建築士事務所へ監理者変更するのがもう半月遅くなれば、それら欠陥工事は仕上げ材で隠されてしまい、見つけられなくなるところでした。

この家、さらに見積書チェック、追加工事費チェックの結果、185万円の工事費を理由のない請求だとして払わなくて済ませました。光洋一級建築士事務所へ監理者変更しなければ、この過払い185万円もそのまま払ってしまったと考えると恐ろしい話でしょう。

工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の専門家を監理者とする第三者監理の家づくりは、建て主にとってメリットあってもデメリットはない。

新築住宅監理、第三者監理、第三者監理の家づくりお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 

新築住宅監理、第三者監理

工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の専門家を監理者とする第三者監理の家づくりは、家づくりの基本です。

工事途中において建て主は自由に監理者を変更できる。これ建て主の権利です。気に入らない監理者、建て主の利益にならない監理者は即刻罷免すればよい。

光洋一級建築士事務所の知るかぎり、

欠陥住宅の全て、

工事費トラブルの全て、

工務店・ハウスメーカーとの間のトラブルの全ては、

工務店・ハウスメーカー関係者、つまり工務店・ハウスメーカーに都合の好い者を監理者とすることで発生している。

手抜き欠陥のないよい家を建てたいなら、適正価格・適正工事費で建てたいなら、トラブル防ぎたいなら、第三者監理の家づくりです。

新築住宅監理、第三者監理、第三者監理の家づくりお伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 

いい家安く建てていただく目的持って、あらゆる情報お伝えする光洋一級建築士事務所の案内です。

光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.工事監理

3.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

4.建て主の求めにより行う工務店・ハウスメーカー見積りチェック、見積書チェック

5.建て主の求めにより行うコストダウン

6.本当の相見積り行うに必要とされる積算書の作成と相見積もりの代行

7.ハーフビルド、セルフビルドの家づくり行う建て主のサポート

8.建て主自身が行う分離発注サポート

9.住宅調査検査、欠陥工事欠陥住宅調査検査、調査報告書(鑑定書)の作成

10.建て主に代わって住宅検査を実行

光洋一級建築士事務所は分離発注でいい家安く建てたいとする建て主をサポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所はコストダウンのお手伝いをする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより第三者監理する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより工務店・ハウスメーカー交渉代行する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は、いい家安く作ることに特化した設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何の地であっても第三者の監理者として建て主サポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 新築住宅第三者監理、新築住宅第三者監理の必要性、新築住宅第三者監理の重要性 

トップページ前のページ次のページサイトマップ