光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

家づくり 工事監理の重要性


家づくり 工事監理の重要性と法律

注文住宅 監理者を決めるのは建て主

一戸建て住宅 注文住宅 監理者の業務

注文住宅 監理者選びの重要性

欠陥住宅、欠陥工事の見分けかた

欠陥住宅、欠陥工事を未然に防ぐ

第三者監理は高くつくは、大嘘

一級建築士が教える、注文住宅 工事監理の大切さ

一級建築士が伝える ハウスメーカー・工務店選びのポイント

注文住宅 監理を蔑ろにするとこうなる事例

光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

家づくり 工事監理の重要性と法律

住宅に限らず建物を建設する場合は、建物規模に応じて適切な監理者を付けなければならないと法律に定められている。(建築士法第3条、同第3条の2、同第3条の3)

また、工事監理とは、設計図どおりに実施されているかチェックすること、検査すること。

建築士法第18条

(設計及び工事監理)第18条 1項、2項、略
3 建築士は、工事監理を行う場合において、工事が設計図書のとおりに実施されていないと認めるときは、直ちに、工事施工者に対して、その旨を指摘し、当該工事を設計図書のとおりに実施するよう求め、当該工事施工者がこれに従わないときは、その旨を建築主に報告しなければならない。

見積書、契約書を遵守した施工が行われているかチェック・検査すること。

残念なことに

これほど大切な監理が蔑ろにされているのが、あなたの家づくり、現在のハウスメーカー・工務店の家づくり。

ハウスメーカー・工務店と請負契約を結び建てる家づくりは、ハウスメーカー・工務店自身が監理を行う場合がほとんど。

造る側と正しく造られているか検査する側が同一人物??

何かおかしいと感じませんか。

造り手と検査するものが同一人。

欠陥工事が行われていても、そのまま。

能力がなければ、欠陥工事であることさえ気付かない。

一生一度の大事業と言われる大切な家づくり。

手抜き欠陥のない家を望むのであれば、少なくとも監理者はハウスメーカー・工務店と無関係の者にする。

これくらいの知識は持っていて欲しいものです。

ハウスメーカー・工務店と無関係の建築士に監理を依頼する。これを第三者監理の家づくりという。

国土交通省も推奨している家づくりだ。

役所が冊子まで作り啓発運動を行うほどの、大切・重要な事柄だ。

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 


光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

注文住宅 監理者を決めるのは建て主

注文住宅において第三者監理の重要性は、「家づくり 工事監理の重要性と法律」でお話ししたとおりです。

注文住宅を建てるにあたり、監理者を選び決めるのは、建て主の義務。

決して、ハウスメーカー・工務店任せにしてはいけません。

監理者は、ハウスメーカー・工務店と同等の責任を負う。

建て主は請負業者と監理者の双方に責任を追及できる。

双方に損害賠償を請求できる。

監理者がハウスメーカー・工務店の者だと、損害賠償請求先は半分になる。

第三者監理を選択しないことは、権利の半分を放棄したことになる。

監理者がハウスメーカー・工務店の従業員だと、損害賠償請求先はゼロになる。

・契約書に基づき、見積書、図面どおりの家を入手したいのであれば

・手抜き欠陥のない家を入手したいのであれば

請負業者(ハウスメーカー・工務店)と監理者双方に責任を持たす必要がある。

監理者は請負業者と無関係の建築士、第三者の建築士に依頼すること。これ原則

大切なのでもう一度

監理者を選ぶのは建て主に義務、責任。

・請負業者と無関係の建築士を選ぶ(第三者監理と言う)

・請負業者より知識・能力に優れている建築士を選ぶ

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 


光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

一戸建て住宅 注文住宅 監理者の業務

一戸建て住宅、注文住宅を建てるにおいて、監理者の仕事・業務を、ほとんどの建て主は知らない。

いや、知ろうともしない。

家を建てるにおいて、公的機関から確認済証という許可書を取得しなければならない。

確認済証とは、

・誰がどこにどのような家を建てるかが明示されている

・どこの誰が責任を持って建てるかが明示されている(請負業者)

・どこの誰が責任を持って設計したかが明示されている(設計者)

・どこの誰が責任を持って監理するかが明示されている(監理者)

あなたの家に対して責任を負うのは、この三者。

責任を負う三者を工務店・建設会社に一任するから、おかしくなる。

造る側(請負業者)と検査する側(監理者)が同じ釜の飯を食っている仲間なら、手抜き欠陥工事にも目をつぶる。

いや、大多数の住宅においては、監理そのものが適正に行われていないのが現実。

監理者の業務は、仕事は

設計図、見積書、契約書どおりに施工が行われているかチェック・検査すること

監理者が請負業者と無関係な第三者の建築士でなければ、適正なチェック検査が行われない。

請負業者選びより監理者選びのほうが重要かもしれません。

・知識不足の請負業者でも、監理者がシッカリしておれば、いい家はできる

・知識のある請負業者でも、チェック・検査する者が仲間なら、同僚なら、不在なら、必然的に工事は粗悪になる

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 


光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

注文住宅 監理者選びの重要性

監理者の業務・仕事は、「一戸建て住宅 注文住宅 監理者の業務」をご覧下さい。

監理者の業務・仕事が分かれば、監理者選びが如何に重要か、お分かりですね。

・あなたの想像以上に良い家になるのも、悪い家になるのも、監理者で決まる

・手抜き欠陥工事が存在する家になるか、手抜き欠陥工事が存在しない家になるかは、監理者で決まる

・安くて良い家ができるか、高くて悪い家ができるかは、監理者で決まる

これだけは忘れないで

・監理者はあなたの分身、あなたに代わって働くエージェント

・監理者は唯一あなたの味方、請負業者に面と向かって交渉してくれるあなたの味方

分かりましたか。監理者選びが如何に重要か

これほど重要な監理者を請負業者任せにする建て主がほとんど。

理解できません

大切なのでもう一度

監理者選びは、ハウスメーカー・工務店任せにしてはいけません。

国土交通省もハウスメーカー・工務店任せにしないよう、啓蒙活動を行っている。

国土交通省が啓蒙活動を行うほど大切重要なことなのです。

裏を返せば、

国土交通省が啓蒙活動を行わねばならないほど、手抜き欠陥工事が行われていると見ることができる。

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 


光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

欠陥住宅、欠陥工事の見分けかた

欠陥工事が行われている家を欠陥住宅という。

欠陥工事とは

1.法律、告示に違反した工事

2.社会的基準と認められている性能が満たされていない工事

3.確認申請、確認済証に基づき造られていない工事

4.図面、見積書に基づき造られていない工事(耐震性能、耐久性能、などなど)

5.工事費に見合わない工事

6.著しく粗悪な工事

これら欠陥工事は、建て主が少し勉強すれば見分けられる。

だが残念なことに、勉強しようと意欲のある建て主はごく僅か。

勉強してもどうせ家のことは分からないと思っているのだろう。

私共の元へ勉強に来られれば、上記1.〜6.は2時間もあれば習得できるのだが。

欠陥工事を見分けたければ、防ぎたければ

勉強する時間のない建て主は、

それなりの知識・経験・能力を有する建築士に検査してもらうこと。

たとえ、検査費用に日当5万円払ってもよいではありませんか。

欠陥工事が防げれば安いもの。

これは簡単な第三者監理だ。

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 


光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

欠陥住宅、欠陥工事を未然に防ぐ

欠陥住宅、欠陥工事は未然に防ぎたいものです。

未然に防ぐ方法として、第三者監理の家づくり。

ハウスメーカー・工務店と交渉に入る前に、第三者の建築士に監理を依頼しておくのがベストだ。

ハウスメーカー・工務店との交渉に同席してもらえば、欠陥工事を事前に防げることもある。

建築士によっては交渉立会い費も、監理費で賄ってくれるケースもある。

それなりの知識・経験・能力のある建築士であれば、

ハウスメーカー・工務店との交渉中に、欠陥工事が行われる要素を全て取り除いてくれることもある。

これだけの知識・経験・能力のある建築士であれば、

数回の検査(監理)で欠陥工事は防げる。

たとえ、日当5万円で5回検査を依頼したとしても、計25万円。安いものだ。

監理は、ハウスメーカー・工務店とは無関係の第三者に依頼する。これ原則

ハウスメーカー・工務店サイドの建築士より、知識・経験・能力が勝る建築士に依頼する。これ原則

これを、プチ第三者監理の家づくりという。

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 


光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

第三者監理は高くつくは、大嘘

ハウスメーカー・工務店とは無関係の建築士に監理を依頼しても、

ハウスメーカー・工務店の身内、子飼いの建築士に監理を依頼しても、

建て主の負担は同じ。

「第三者の建築士に監理を依頼すれば高くなる」は、ハウスメーカー・工務店が第三者監理を付させないための口実。

ソックリ同じ監理業務を、ハウスメーカー・工務店サイドの人間が行っても、ハウスメーカー・工務店とは無関係の第三者の建築士が行っても、所要時間は同じ。

所要時間が同じであれば、監理費用も同じはず。

建物の種類、規模に応じて、監理に必要な時間は、国土交通省で定められている。

ハウスメーカー・工務店の建築士が監理を行う場合でも、

あなたが払う建築費・工事費の中に国土交通省が定めた時間分の監理費は含まれている。

含まれている監理費が第三者の監理者に渡るだけ。

建て主であるあなたの負担は同じ。

ハウスメーカー・工務店のトーク、「第三者監理を付ければ高くなる」の嘘はこれで証明された。

監理に掛けなければいけない時間は国土交通省が定めている

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 


光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

一級建築士が教える、注文住宅 工事監理の大切さ

多くの建て主は監理と管理の意味の違いを分かっていない。

共に「カンリ」と読むが、意味は大きく異なる。

管理とは、現場監督が工事をスムースに進めていく手配のことを言う。

よって、現場監督はあなたの家に関して何の責任も負わされない。

よって、現場監督は何の資格も必要としない。

監理は、法に定められている。法に定められるほど重要なもの、大切なことなのだ。

だから、資格者でなければならない。

建物の規模に応じて、一級建築士、二級建築士、木造建築士の何れかの資格を必要とする。

監理とは、設計図どおり、見積書どおりに、施工が正しく行われているか、法律を遵守しているかを、チェックする検査することをいう。

チェック・検査義務があるということは、責任も同時に存在する。

監理者は、自己が監理した建物の全責任を負わされる立場にある。

これほど重要だから、建物の種類・規模により、監理に掛けなければいけない所用時間まで国土交通省は定めている。

これが管理監理の大きな違い。

監理者は、これだけ大きな責任を負う役目、立場にある。

よって監理者は建築主が独自に選択し依頼することと定められている。

ハウスメーカー・工務店は、これらを説明することなく、社内の人間を監理者として確認申請書に勝手に記入するから、ややこしい事態が発生する。

名前を使用された建築士は、監理者に任命されていることさえ伝えられていないこともある。

建て主を被害者にする業者に、これが顕著に表れているようだ。

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 


光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

一級建築士が伝える ハウスメーカー・工務店選びのポイント

信頼できるハウスメーカー・工務店の見分け方を、一級建築士がお伝えします。

信頼できるハウスメーカー・工務店は、そうでないハウスメーカー・工務店かは、11の質問をすれば分かる。

質問1. 設計は誰が行ってくれるのですか

質問2. 打合せには誰が来てくれますか

質問3. 監理者は誰ですか

質問4. どの資格を持つひとが監理者ですか

質問5. 工事のどのタイミングで、何回監理に来てくれるのですか

質問6. どこをどのように監理してくれるのですか

質問7. 監理しているところに立ち合わせてくれますk

質問8. 監理項目をリストアップしてくれますか

質問9. 監理報告は素人の私共にも分かるように作成してくれますか

質問10. 監理者は監理責任を負ってくれますか。責任が負える保証は何ですか

質問11. 私が選定する第三者の監理者を受け入れてくれますか

以上の質問に全て即答できるハウスメーカー・工務店は、信頼できるハウスメーカー・工務店で、

即答できない、同意しないハウスメーカー・工務店は、信頼できないハウスメーカー・工務店との見方もできます。

信頼できるいいハウスメーカー・工務店選びも、監理者に関する質問がポイントのようです。

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 


光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

注文住宅 監理を蔑ろにするとこうなる事例

注文住宅、家づくりにおいて、監理の重要性、大切さを認識していない建て主は、

伊豆高原で起きた欠陥住宅−偽造工作の実態!」をご覧下さい。

お分かりいただけましたか。

請負業者(工務店)と監理者が共同体(仲間)であったことが原因で造られた手抜き欠陥住宅です。

国土交通省が推奨する第三者監理の家づくりであれば、防げていた欠陥住宅。

が啓蒙活動までする第三者監理の重要性を認識していただけましたか。

ハウスメーカー・工務店の多くは、「伊豆高原で起きた欠陥住宅−偽造工作の実態!」で、建て主を不幸のどん底に陥れた建設会社と同様の業務形態をとっている。

あなたも「伊豆高原で起きた欠陥住宅−偽造工作の実態!」の被害者建て主と同じ道を歩まれる可能性もなきにしもあらずです。

伊豆高原で起きた欠陥住宅−偽造工作の実態!」の被害者と同じ道を歩みたくなければ、

それなりの知識・経験・能力を有する第三者の建築士に監理を依頼することです。

ハウスメーカー・工務店に遠慮することはない。

第三者の建築士を選択し監理を依頼することは、法に定められた建て主の権利であり義務。

が啓蒙活動までして周知させようとしている第三者監理。

ハウスメーカー・工務店に何ら遠慮することはない。

是非にも実践していただきたい。一級建築士よりのアドバイスです。

家づくりネットワーク方式は、第三者監理の家づくり

家づくりネットワーク方式は、原価公開、オープン価格、隠し事のない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーが介在しない家づくり

家づくりネットワーク方式は、工務店・ハウスメーカーの経費分安く造れる家づくり

家づくりネットワーク方式家づくりは、それなりの知識・能力があれば誰にでも行える。あなたの近くの設計事務所でも行える。

家づくりネットワーク方式の詳細は、こちら と こちら

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の提唱者です。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 

監理者の立場 マイホーム建てる監理者の業務 マイホーム建てる監理者を決めるのは誰 マイホーム建てる監理者に関する法律 マイホーム建てる欠陥工事を防ぐ人 マイホーム建てる欠陥住宅を防ぐ人 

 

監理者だけが建て主の味方

工務店・ハウスメーカーを利用して家づくりをする場合、建て主の味方になるのは監理者だけ。

工務店・ハウスメーカーを利用して家づくりをする場合の唯一の味方となる監理者に、工務店・ハウスメーカーの薦める建築士、工務店・ハウスメーカーが選んだ建築士を据えてはいけません。

そんなことをしているから、手抜き・欠陥工事がチェックされないで、見過ごされる。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 

監理者を選定するのは、建て主です。

監理者は建て主が選定することと、法律にも定められている。建て主自身が選んだ建築士を監理者として選定するのは、法に基づく建て主の権利です。

建て主自身がこの法を守らないから、手抜き工事・欠陥工事が見過ごされ、欠陥住宅が建てられてしまう。

工務店・ハウスメーカーが何と言おうと、その工務店・ハウスメーカーとは無関係の立場にある第三者の建築士を建て主自身が見つけてきて監理者に選定しなければいけません。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 

まとめ

工務店・ハウスメーカーと無関係の立場にある第三者の建築士を監理者にして行う家づくりを、第三者監理の家づくりという。

第三者監理を拒否する工務店・ハウスメーカーには家づくりを依頼しないことです。

第三者の監理者に施工状況をチェックされてはまずいことを行おうとしている業者です。

第三者の監理者に施工状況をチェックされてはまずいところは、そのまま見過ごすと、建て主が被害を被るところ。

工務店・ハウスメーカーから被る被害の多くは第三者監理を実行すれば防げる。

家づくり工事監理の重要性、新築住宅建てる工事監理の重要性、マイホーム建てる工事監理の重要性、注文住宅建てる工事監理の重要性、新築住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、マイホーム建てる監理者決める者、監理者決めるのは、注文住宅建てる監理者決める者、監理者決めるのは、新築住宅、マイホーム、注文住宅欠陥工事防ぐのは欠陥住宅防ぐのは監理者、第三者の監理者 

トップページ前のページ次のページサイトマップ