光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

工務店・ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点

注文住宅、マイホーム建てる契約のタイミング

建て主の多くは工務店・ハウスメーカーのペースで契約に至っている。

欠陥住宅をはじめ、何らかのトラブル生じたと相談に来るのは決まって、工務店・ハウスメーカーのペースで契約させられた人。

欠陥住宅作られたのも見積書チェック・見積り金額チェックしなかったから。

追加工事費請求されたのも見積書チェック・見積り金額チェックしなかったから。

手抜き工事行われたのも見積書チェック・見積り金額チェックしなかったから。

粗悪工事行われたのも見積書チェック・見積り金額チェックしなかったから。

工事請負契約書にサインするのは見積り内容の全てに納得してから。

工事請負契約書にサインするタイミング、契約のタイミング、知りたい方は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

契約のタイミング、見積り金額チェックの方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 

注文住宅、マイホーム建てる契約のタイミング

契約書にサインするのは、工務店見積り金額が適正だと分かってから。

多くの建て主は見積り金額が適正かどうか確かめないで契約書にサインしている。困ったものです。

欠陥住宅作られたのも見積書チェック・見積り金額チェックしなかったから。

追加工事費請求されたのも見積書チェック・見積り金額チェックしなかったから。

手抜き工事行われたのも見積書チェック・見積り金額チェックしなかったから。

粗悪工事行われたのも見積書チェック・見積り金額チェックしなかったから。

見積書見ることで、見積り金額チェックすることで、欠陥住宅作る業者か作らない業者か、追加工事費毟り取る業者かそうでない業者か、手抜き工事粗悪工事行う業者か行わない業者か、が分かる。

工事請負契約書にサインするのは見積り内容の全てに納得してから。

工事請負契約書にサインするタイミング、契約のタイミング、知りたい方は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

契約のタイミング、見積り金額チェックの方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 

注文住宅、マイホーム建てる契約のタイミング

建て主にとってもっとも大切なのは、見積書が適正か、見積り金額が適正かチェックすること。

建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書に掲載したようなエセ見積書が渡されたら、第三者の専門家に依頼し、見積書チェック・見積り金額チェック受けるべき。

建て主を何かしらの被害者にしている工務店・ハウスメーカーは建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書と同類の見積書を提示しただけで工事請負契約書にサインさせている。

建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書に掲載の見積書を作成した工務店と建て主との間にトラブル発生。工務店粗利益20%を適正とすれば、750万円もの大金、余分に払わされていたこと、見積書チェックの結果明らかになった。契約前に、見積書チェック行っていれば750万円もの大金損しなくて済んだのに残念です。

契約書にサインするのは、見積り金額が適正かどうか確かめてから。これ基本の基本。

見積り金額、工事費が適正かどうか確かめることなく契約してはいけない。被害にあった建て主、工務店を信じた自分が馬鹿だったと後悔しても後の祭り。

あなたには同じ被害に遭ってもらいたくないので、お伝えしましています。

工事請負契約書にサインするのは見積り内容の全てに納得してから。

工事請負契約書にサインするタイミング、契約のタイミング、知りたい方は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

契約のタイミング、見積り金額チェックの方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 

注文住宅、マイホーム建てる契約のタイミング

あなたに示された見積書が建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書と同類の見積書なら、そこに示された見積り金額はいい加減。この手の見積書が渡されたなら、見積り金額が適正かどうかを確かめる必要もない。契約してはいけない。

契約してはいけない工務店、「二度と来るな!」と告げなければいけない悪質な工務店なのですから、見積り金額を確かめるまでもない。

ダメな工務店であること分かった上で、それでも何かの事情でその工務店で建てるとする人は、見積り金額チェックは必須です。

工事請負契約書にサインするのは見積り内容の全てに納得してから。

工事請負契約書にサインするタイミング、契約のタイミング、知りたい方は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

契約のタイミング、見積り金額チェックの方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 

注文住宅、マイホーム建てる契約のタイミング

工務店・ハウスメーカーより示される見積り金額は、全て、その工務店・ハウスメーカーにとっては適正価格・適正工事費。

工事原価1500万円、1500万円の利益欲しい工務店・ハウスメーカーにとっては、3000万円が適正価格・適正工事費。

工事原価1500万円、1000万円の利益欲しい工務店・ハウスメーカーにとっては、25000万円が適正価格・適正工事費。

工事原価1500万円、500万円の利益欲しい工務店・ハウスメーカーにとっては、2000万円が適正価格・適正工事費。

建て主にとっての適正価格が1900万円なら、1900万円で作ってくれる工務店を見つけて契約すればよい。

家は建て主にとっての適正価格で建てるべきであって、工務店・ハウスメーカーの適正価格で建てるべきではない。

工事請負契約書にサインするのは見積り内容の全てに納得してから。

工事請負契約書にサインするタイミング、契約のタイミング、知りたい方は光洋一級建築士事務所HPご覧下さい。サイトマップから辿って隅々までご覧下さい。あなたが知りたい情報・知っておくべき情報の全てはこのHPにある。

契約のタイミング、見積り金額チェックの方法お伝えする、いい家安く建てることに特化した光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 

工務店選びのコツ・ポイント、工務店の選び方をお伝えした光洋一級建築士事務所の案内です。

光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.工事監理

3.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

4.建て主の求めにより行う工務店・ハウスメーカー見積りチェック、見積書チェック

5.建て主の求めにより行うコストダウン

6.本当の相見積り行うに必要とされる積算書の作成と相見積もりの代行

7.ハーフビルド、セルフビルドの家づくり行う建て主のサポート

8.建て主自身が行う分離発注サポート

9.住宅調査検査、欠陥工事欠陥住宅調査検査、調査報告書(鑑定書)の作成

10.建て主に代わって住宅検査を実行

光洋一級建築士事務所は分離発注でいい家安く建てたいとする建て主をサポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所はコストダウンのお手伝いをする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより第三者監理する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は建て主の求めにより工務店・ハウスメーカー交渉代行する設計事務所です。

光洋一級建築士事務所は、いい家安く作ることに特化した設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、依頼があれば何の地であっても第三者の監理者として建て主サポートする設計事務所です。

光洋一級建築士事務所、連絡先は、090−4500−1934

工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 工務店と請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと請負契約結ぶ注意点、工務店と工事請負契約結ぶ注意点、ハウスメーカーと工事請負契約結ぶ注意点 

トップページ前のページ次のページサイトマップ