光洋一級建築士事務所トップページへ

工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点

建て主の皆様におかれては、今まで新築住宅請負契約書など見る機会がない方がほとんどでしょう。契約書にサインするその日そのときに初めて見たのでは。何が書かれているか分からずサインしたのでは。

あるローコスト住宅を売りにしている業者の契約書を見る機会がありました。よくもまあこのような契約書が作れたものだと驚いた次第です。建て主が契約書にサインしたら最後、何が起きても建て主の負け、欠陥住宅を建てられても建て主の負け。

大金使って建てる新築住宅、一生かかって返済する借金までして建てる新築住宅、請負契約書に何が書かれているか真剣にチェックする慎重さは持ってくださいね。自分に不利な箇所があれば手直しを。契約書は建て主が作って業者にサインさせてもよいのですよ。契約書は業者が作ろうと建て主が作ろうとどちらでもよいのです。

新築住宅請負契約書に書かれている金額よりも、契約の内容、約款の内容が重要なのです。

あなたの手元にある契約書をみてください。請負業者名の下に連帯保証人欄はありますか。なければ騙されている可能性が99%。その契約書は100%建て主のあなたが損をするように、不利になるように作られています。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

見積書、請負契約書に関しては、こちら「設計事務所の役割」に詳しく載せていますのでご覧下さい。

どのようにすれば良い家を安く建てられるか

依頼先の良し悪しを見分けるにはどのようにすればよいか

どのような家を建てればよいか、新築住宅の適正工事費について

こだわりの家はどれくらいで建てられるか

ムダな経費の見つけかた、ムダ金を取られない方法

など、など

家づくりの本を1000冊読むより参考になるであろう情報満載です。

なお、新築住宅工事費は徳島県の場合ですが、他県でも大差ないのでは。新築住宅請負契約を結ぶにあたり参考にしてください。

残念なことですが我が徳島県においても、先に述べたローコスト業者の契約書を真似て建て主不利に作られた請負契約書が横行しています。あなたの県においても同じでしょう。ご注意ください。うっかりサインすればあなたは住宅被害者に。

家づくりに関してゆっくりお話しする機会を持てればいいですね

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

建て主の多くは、請負契約書には何がどのように記載されていなければならないか知らないようです。

工務店・ハウスメーカーとトラブルになって光洋一級建築士事務所に相談来られた建て主の方は皆さん、工務店・ハウスメーカーに有利に作られたいい加減な工事請負契約書で契約している。中には、サインしてしまったら、工務店・ハウスメーカーに何をされても建て主の負けが決まっている酷い工事請負契約書も存在する。

多くの建て主にとって一生一度の大事業である家づくりです。工事請負契約書とはどのようなものかくらいは勉強すべきです。本屋で立ち読みすれば分かります。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

時間があれば裁判を傍聴されることをお勧めします。運が良ければ、手抜き欠陥工事・欠陥住宅作られた建て主や、工務店・ハウスメーカーと金銭トラブルになっている建て主とめぐり合える。それら建て主に工事請負契約書見せてもらいなさい。光洋一級建築士事務所の知る限り、裁判にまで発展している工務店・ハウスメーカーが用いている工事請負契約書は全て、工務店・ハウスメーカー有利に作られている。

工事請負契約書見るだけで工務店・ハウスメーカーの信頼度が分かる。素人のあなたには工事請負契約書見ても信頼度を判断する知識がないことを承知で発言しています。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

本ページのタイトルは「新築住宅 請負契約注意点 徳島編」ですが、ここでお伝えしていることは徳島県で建てる場合に限った話しではなく、日本全国どこで建てる場合にも共通して言えることがらです。

工事請負契約書にどのような添付書類が付いていなければいけないかを知っている建て主は皆無でしょう。

工務店・ハウスメーカーとトラブルになって光洋一級建築士事務所に相談来られた建て主の方々に渡されている工事請負契約書に必要書類が添付されていたものは一件もありませんでした。

相談来られた建て主の方々の全てが、建て主に不利な工事請負契約書で契約している。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

素人のあなたには工事請負契約書見ても信頼度を判断する知識がないことを承知で発言しています。

あなたが工事請負契約書を穴の開くほど眺めても、どこに不正が行われているか分からない。あなたには不正が行われていること分かるだけの知識がないのですから当然です。

知識がないのですから、知識がある人に検証してもらいなさい。家づくりネットワーク方式の家づくり行える建築士(設計事務所)でなければ工事請負契約書の不備を一瞬で暴いてくれる。建て主有利な契約書に書き直してもくれる。

工事請負契約書、自由に書き直してよいことさえ知らなかったでしょう。本ページを読まれた方は一つ利口になりましたね。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

信頼できる工務店・ハウスメーカーは、工事請負契約書に法律で定められた重要書類の全てを添付する。

信頼できない工務店・ハウスメーカーは、工事請負契約書に添付せよとされている重要書類の全てを添付しない。

工事請負契約書を見るだけで、信頼できる工務店・ハウスメーカーかそうでない工務店・ハウスメーカーかが分かる。

何かトラブル生じたとき、工務店・ハウスメーカーと互角に闘いたければ、重要書類添付しない工務店・ハウスメーカーで建てるのは止めなさい。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

手抜き工事・欠陥工事行われたくなければ、金銭トラブル生じたくなければ、工事請負契約書に重要書類の全てを添付させなさい。

工事請負契約書に重要書類添付しない工務店・ハウスメーカーは、手抜き工事・ごまかし工作を目論んでいる業者です。

これ以外に工事請負契約書に重要書類添付しない理由は思いつかない。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

うっかりと工事請負契約書にサインしてしまえば、その契約書が100%建て主不利に作られていても、その契約条件を建て主が了承したことになり、契約は有効です。

工事請負契約書、迂闊にサインなどしてはいけません。サインは、家づくりネットワーク方式の家づくり行える建築士(設計事務所)にその契約書をチェックしてもらってから、不利な箇所は有利に書き換えてもらってからにしましょう。

工務店・ハウスメーカーは、いま工事請負契約書にサインしなくとも逃げていきません。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

契約日に工事請負契約書持参するような工務店・ハウスメーカーにはご用心。工事請負契約書を専門家にチェックされることを恐れている業者です。

当然、その契約書は建て主不利に作られているだろうということは想像できますね。

これが分かった方は、家づくりネットワーク方式の家づくり行える建築士(設計事務所)にその契約書をチェックしてもらいましょう。光洋一級建築士事務所のアドバイスです。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

私(光洋一級建築士事務所)はこれまで何百という工務店・ハウスメーカーの工事請負契約書を見てきました。法を守り、法の定めの通りに作られた工事請負契約書はこれまで唯の一つも見たことがない。

あなたがサインしてしまった工事請負契約書も100%建て主不利に作られているということです。

これまでも何度となく申し上げてきましたが、事前に工事請負契約書のチェックを受ける建て主はごく僅かです。この記事を読まれたあなただけは、家づくりネットワーク方式の家づくり行える建築士(設計事務所)にその契約書をチェックしてもらいましょう。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

「工事請負契約書にサインしてしまったが心配になってきた。工事請負契約書をチェックしてくれないか」との依頼は毎日のようにある。

この手の建て主は工事請負契約書にサインしたから不安になったのではなく、不安が解消されないまま、工務店・ハウスメーカーの営業マンに押し切られ契約してしている。

あなたも同じなら、まだ工事に着手前なら、まだ工事途中なら、打つ手はある。家づくりネットワーク方式の家づくり行える建築士(設計事務所)に相談しなさい。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

工事請負契約書の内容は見積書の出来不出来にも関係する。お粗末な見積書を作る工務店・ハウスメーカーの工事請負契約書はまたお粗末。

悪意に満ちた見積書を作る工務店・ハウスメーカーの工事請負契約書はまた悪意に満ちている。

法を守った見積書を作る工務店・ハウスメーカーの工事請負契約書は、法に基いたちゃんとした契約書です。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

工事請負契約書をチェックしてもらう費用として5千円や1万円くらい払ってもいいでしょう。

工事請負契約書をチェックしてもらうことで、払ったチェック費用の数十倍数百倍のメリットがあなたにもたらされる。

コストダウンに関するメリットは別の機会にお伝えします。

光洋一級建築士事務所は建て主にメリットのないことはお伝えしません。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

工事請負契約書をチェックしてもらうことで、工務店・ハウスメーカーの信頼度が分かれば、5千円や1万円くらいのチェック費用は安いもの。

工事請負契約書をチェックしてもらうことで、建て主不利に作られている契約条項を手直ししてもらえれば、5千円や1万円くらいのチェック費用は安いもの。

工事請負契約書をチェックしてもらうことで、手抜き・ごまかし工作を防げれば、5千円や1万円くらいのチェック費用は安いもの。

工事請負契約書をチェックしてもらうことで、コストダウンが図れれば、5千円や1万円くらいのチェック費用は安いもの。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

工事請負契約書をチェックした結果、建て主不利であることが明らかになれば、本当はそんな工事請負契約書を用いる工務店・ハウスメーカーとは契約しない方がよいのです。契約書を手直しして契約結んだとしても、工務店・ハウスメーカーの経営者の人間性が変わるわけはありません。

工事中、建て主が素人なのをよいことに次から次へとごまかし工事を行うはず。あなたは素人、海千山千の工務店・ハウスメーカーにとっては赤子の腕を捻るようなもの。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

工事請負契約書をチェックした結果、建て主不利であることが明らかになった工事請負契約書を用いている工務店・ハウスメーカーとどうしても契約して家を建てるのなら、監理を工事請負契約書をチェックしてもらった建築士(設計事務所)に依頼しなさい。

この場合それが、家づくりに失敗しない唯一の方法、手抜き欠陥工事を防ぐ唯一の方法、金銭トラブルを防ぐ唯一の方法です。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりネットワーク方式の家づくり行える建築士(設計事務所)であれば、工事請負契約書チェックは行える。

家づくりネットワーク方式の家づくり行える建築士(設計事務所)に工事請負契約書チェックを依頼すると、その建築士(設計事務所)が工務店・ハウスメーカーに本来なら契約書に添付されるべき重要書類も出させることができる。

家づくりネットワーク方式の家づくり行える建築士(設計事務所)であれば、工務店・ハウスメーカーに対してそれくらいの折衝はなんでもないこと。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

工事請負契約書をチェックしてもらうだけなら、費用は5千円や1万円くらい。

建て主不利に作られている契約条項を手直ししてもらい、重要書類を工務店・ハウスメーカーに出させることまでやってもらうと、さらに少々費用が必要になるが、それでも手抜き欠陥工事が防げれば安いもの、金銭トラブルが防げれば安いもの。

それでも不幸にして手抜き欠陥工事が行われてしまったり、金銭トラブルになってしまった場合でも、あなたが工務店・ハウスメーカーに負けることはない。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

多くの建て主は工事請負契約書に関する知識を持っていない。

あなたに魚の知識がなければイワシにアジと名札を付けられていれば、アジなのだと信じて買ってしまう。これとおなじで、表題に工事請負契約書と書いてあるから、工事請負契約書だと信じてしまった。多くの建て主が行っている誤りです。

あなたには工事請負契約書の知識がないことを知りなさい。知識がないと自覚していれば、知識のある人にチェックしてもらおうと考えるはず。

工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない建築士は、あなたを被害から守るために存在しています。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家を建てる工事請負契約は二通り。

1.工務店・ハウスメーカーに全てお任せの一括請負契約

2.個々の専門職たちに工事を発注する、分離発注契約

分離発注契約は、個々の専門職たちと建て主の間で交わす個別請負契約。

1.の場合

建て主 一括請負契約
←−−−−−→
工務店 個別に分離発注契約
←−−−−−−−−→
専門職
専門職
専門職
専門職
専門職
専門職
専門職
専門職
  :
専門職

2.の場合

建て主 個別に分離発注契約
←−−−−−−−−→
専門職
専門職
専門職
専門職
専門職
専門職
専門職
専門職
  :
専門職

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

ほとんどの建て主にとって家を建てるのは初めての経験。当然、工事請負契約書を見るのも初めて。

だから、その契約書が正しくできているか、建て主に不利に作られていないかなど、分かるわけがない。

それなのに、多くの建て主は、分からないまま、その工事請負契約書にサインしてしまう。

そして、しまったと後悔するのは、工務店・ハウスメーカーとトラブルになってから。

「契約書に書いてあるとおりです」といわれればそれまで。

どれだけ建て主側に不利な契約内容になっていたとしても、サインしてしまえば、その契約内容に同意したことになる。

サインした時点であなたの負けが決まってしまう。

工事請負契約書にサインするときは、くれぐれもご用心。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

工事請負契約書を、あなたがどんなに熟読しても、その内容を正確に理解することはおそらくできない。理解できないように、作られているのですから。

工務店・ハウスメーカーと工事請負契約を交わすのなら、その契約書を事前に入手して、第三者の専門家の工事請負契約書チェックを受けなさい。

そして建て主の不利になるような条項は、建て主に有利になるように、作り変えてもらいなさい。

工務店・ハウスメーカーと工事請負契約を交わして家を建てるのなら、第三者の専門家の工事請負契約書チェックは必須です。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりに素人の建て主にも、サインしてよい工事請負契約書かサインしてはいけない工事請負契約書を見分けられるポイントをお教えします。

そしてここで、だめだとされた工事請負契約書を持ってくる業者と契約するのは止めなさい。

だめだとされた業者で建てるのは止めなさい。そうでなければ、ここでお伝えしている甲斐がない。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

サインしてよい工事請負契約書かサインしてはいけない工事請負契約書を見分けポイント・1

約款が添付されていない工事請負契約書にはサインしてはいけない。

約款はトラブルになったときの解決方法を定めた重要書類。

光洋一級建築士事務所の知るかぎり、欠陥住宅訴訟を起こされている業者の多くが、契約書に約款を添付していない。

工事請負契約書に約款が添付されていなければ、その契約書にサインをしてはいけません。この業者で家を建ててはいけません。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

サインしてよい工事請負契約書かサインしてはいけない工事請負契約書を見分けポイント・2

工事請負契約書に設計図書と法に則った書式の見積り明細書が添付されていなければ、サインしてはいけない。

設計図書と法に則った書式の見積り明細書は、手抜き工事、欠陥工事、契約違反があったときに、それらを証明するための重要資料です。

工事請負契約書に設計図書と法に則った書式の見積り明細書が添付されていなければ、サインしてはいけない。この業者で家を建ててはいけません。

たとえその業者が有名な工務店・ハウスメーカーであってもです。

光洋一級建築士事務所の知るかぎり、欠陥住宅訴訟を起こされている業者の全てが、契約書に工事請負契約書に設計図書と法に則った書式の見積り明細書を添付していない。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

ですから、工務店・ハウスメーカーと請負契約をする場合の注意点としては、

工事請負契約書に約款と設計図書と法に則った書式の見積り明細書が添付されているかいないかを確認すればよい。

信頼できる工務店なら、工事請負契約書ととも約款と設計図書と法に則った書式の見積り明細書を提示するはず。

建て主をだます目的で近づいてきている工務店・ハウスメーカーは、工事請負契約書に約款と設計図書と法に則った書式の見積り明細書の全てあるいは一部を添付しない。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

サインしてよい工事請負契約書かサインしてはいけない工事請負契約書を見分けポイント・3

工事費の支払いかたに関する法律の説明がされていないのに、契約金、着手金、上棟金、中間金などの支払いの定めがある工事請負契約書にはサインしてはいけません。

法律さえ守れない業者です。建て主を被害者にすることも平気な業者です。

光洋一級建築士事務所の知るかぎり、欠陥住宅訴訟を起こされている業者の全てが、契約金、着手金、上棟金、中間金などの工事費を建て主に払わせている。

・契約金などの先銭支払いの定めがある工事請負契約書にサインしてはいけません。

・契約金などの先銭を払わせようとする工務店・ハウスメーカーで建ててはいけません。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりが初めてのあなたにも、工事請負契約書に契約金などの先銭支払いの定めがあるかないかは分かるはずです。

法律に違反し、契約金などの先銭を払わせようとする工務店・ハウスメーカーは事前に、「契約金をこれだけ用意しておいてください」と言ってくるはず。契約金の話が出たら、「二度とくるな。法律を遵守しない業者で建てるつもりはない」と言ってやりましょう。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

サインしてよい工事請負契約書かサインしてはいけない工事請負契約書を見分けポイント・4

工事請負契約約款の残金支払いの条項を見てください。引渡しの前日までに工事費残金の全額を支払うような定めになっていれば、その工事請負契約書にサインしてはいけません。

この業者で家を建ててはいけません。たとえその業者が有名な工務店・ハウスメーカーであってもです。法律を守れない業者です。

光洋一級建築士事務所の知るかぎり、欠陥住宅訴訟を起こされている業者の全てが、完成引渡しの前日までに工事費残金の全てを建て主に払わせている。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

請負契約、請負契約書注意点についてお話しました。理解できましたか。

よく分からないという方は、繰り返し読んでください。上段までの記事は、家づくりにおいて重要な事柄です。

上段までの記事を理解して、工務店・ハウスメーカーを選ぼうとしたが、どこにも信頼できる工務店・ハウスメーカーが見つからない。その場合は、家づくりネットワーク方式の家づくりを選択しましょう。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりネットワーク方式の家づくりを理解するには、まず分離発注を理解する必要があります。

分離発注の家づくりとは、

建て主が家を直接作る20業種にも及ぶ専門工事業者(専門職たち)を選んで、各工事の請負代金を折衝し、工事を発注し、資材も建て主が調達し、工事段階には、各専門工事業者の段取りを管理し、施工状況を監理し、建て主の自己責任で家を完成させること。

分離発注の家づくりは、同じ家を建てるなら、どの方法よりも安く作れる家づくり。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりネットワーク方式の家づくりとは、

本来建て主が行う分離発注のもろもろを全て、設計事務所が代行する家づくりスタイルのこと。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、建て主と、分離発注の家づくりにおける建て主役目を代行する設計事務所と、専門職たちだけで行う家づくり。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりネットワーク方式の家づくり

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

光洋一級建築士事務所は、建て主の方々にいい家を安く建てていただくために、家づくりネットワーク方式の家づくりを提唱・実践しています。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開・分離発注・第三者監理の家づくり。

同じ条件で家を建てるなら、一番安く作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

同じだけの工事費で建てるなら、一番良い家作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

手抜き・欠陥工事を行われる可能性が一番少ないのが、家づくりネットワーク方式の家づくり。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、それなりの知識と能力があれば、どこの設計事務所にでも行えます。

あなたが家を建てようとする地にある設計事務所にでも行える。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、場所と人を選びません。

徳島県で家を建てようとしている人が、東京の設計事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼してもよいのです。その東京の設計事務所が家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるなら、徳島県を拠点とする光洋一級建築士事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼したのと同じ結果が得られます。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

家づくりネットワーク方式の家づくりを提唱・実践している光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

3.見積りチェック、見積書チェック

4.本当の相見積りのためのデータ作成(図面と積算書)

5.工事の監理

6.住宅調査、欠陥住宅の調査

光洋一級建築士事務所はいい家安く建てたいとする建て主のお手伝いをする設計事務所です。

注文住宅を建てるにおいて、マイホームを建てるにおいて、新築住宅を建てるにおいて、家をを建てるにおいて工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインしてはいけない。工事請負契約書チェックを依頼した第三者の専門家がサインしてよいと言うまで工事請負契約書にサインしてはいけない。これ工務店のハウスメーカーの工事請負契約書にサインする注意点。

トップページ前のページ次のページサイトマップ