光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的

あなたは相見積もりをご存知ですか。相見積りという言葉は聞いたことがあっても内容は知らないのでは。

「A、B、Cの三社から見積りを取ったから相見積りした」と言われる方もおられますが、この方は相見積りを何も分かっていません。

天丼、親子丼、カツ丼を比較しているのと同じです。どの丼が安いか高いかが分かりますか。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

あなたが見たのは売価だけ。天丼2000円、親子丼1500円、カツ丼1800円であれば、1500円の親子丼が一番安いとして注文するのですか。得だと思い注文するのですか。

全ての丼の利益が500円だとすれば、売価の一番安い親子丼の利益が一番大きい。一番儲かる商品だということです。

住宅も同じ。一番安い金額を提示した業者が一番沢山利益を取っていることもあるのです。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

天丼、親子丼、カツ丼を比較しても仕方がないのと同じで、A、B、Cの三社から見積りを取るのは丼の値段を訊いたのと同じ、無意味なことなのです。

A、B、C どの業者が良い家を安く造ってくれるのか比較できる唯一の方法が相見積りです。

あなたに相見積りを知っていただく目的をもって、相見積りの行い方、手順を説明します。

1.あなたが良しとする設計事務所にあなたが建てる家の図面と積算書の作成を依頼する。積算書の例はこちら

  設計事務所に支払う費用は、間取図、外観図、全階構造図、設備図、24時間換気計算書、N値計算書、仕上表と積算書を作成して25万円(税別)くらい。

  高いと思うか安いと思うかはあなた次第。図面・見積書作成費無料との業者もありますが、どこかに隠され必ず取られている。

2.あなたが良しとする業者(A、B、C)に、1.で作成された図面、積算書を渡し、価格を入れさせる。

  これを行うことで、同じ資材を使った同じ家の工事費が分かる

3.A、B、Cより提出された積算書(価格の入ったもの)を比較することで業者の内情が分かる

 同じ積算書に価格を入れ合い競い合うことにより、同じ頁には同じ項目が記されており比較が容易である。

 総額は同じでも、資材仕入れ値が高く労務費が安い少ない業者もあれば、資材仕入れ値が安く労務費を高額に記入した業者もある。総額が同じなら資材費が安い業者良い業者とも言えます。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

 A、B、Cより提出された積算書を比較し、一番安い業者に依頼するか、一番高い業者に依頼するかはあなたが決めればよいのです。

・相見積りとは同じ土俵の上で同じ条件で競い合うこと。それぞれの業者がそれぞれの工法資材で造る家を比較することではないのです。

・相見積りは伝家の宝刀。相見積りをすることで業者の信頼度が分かる。建て主の唯一の武器である相見積りを使わない手はありません。相見積り以外に比較する方法はありません。

・相見積りに参加しない業者は手の内を明かせば困る業者。手の内が明らかになれば差し障りのある業者。知らずに契約していれば被害者になる確率が大きい業者。

・相見積りに参加しない業者は営業トーク、宣伝広告に嘘がある業者。騙しトリックが明らかになるのを恐れる業者。知らずに契約しておれば被害者になる確率が大きい業者。

分かりましたか、相見積りの意味。相見積りを行わねばならない訳。家を建てる全ての方が相見積りを行わなければいけません。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

「性能内容などどうでもよい。私は○○ハウスをブランドと認める。ブランド料として幾ら払ってもよい」とメーカー名に価値観を持つ人。「○○ハウスで建てたのよ」とメーカー名を自慢したい人以外の方々は相見積りを行わねばなりません。

工事価格にごまかしがある業者
営業トーク、宣伝広告にトリックを隠している業者
内情を知られては困る業者、都合の悪い業者
自社の工事、価格に自信のない業者
法を犯した見積書、契約書で受注する業者
トラブル生じたときの証拠となるものを残したくない業者


は、相見積りに参加しないので、そのつもりで。

あなたが10社に相見積りを要求しても、参加するのは多くて2社〜3社。でも嘘、ごまかしのない価格で、良い家を造りたければ相見積りに参加してくれる業者を探すしかありません。頑張ってください。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

設計事務所が進める業者に相見積りを依頼してはいけません。設計業者と付き合いのある業者、設計事務所はそれら業者より設計の仕事を貰っているかもしれません。そうなら同じ釜の飯を食っている仲間、身内。相見積りを依頼する業者はあなたが探す。あなたが良しとする業者に依頼する。これが基本です。

相見積りに参加してくれと依頼しに行くのは「チョット」と思われる方は「家づくりネットワーク方式」で行えばよいでしょう。詳細はこちら

坪当り24万円の一般住宅明細はこちら

坪当り36万円の高性能住宅明細はこちら

あなたや家族が希望する家の工事費は幾らなのか把握する参考になることでしょう。

如何せん徳島という貧乏県で活動する田舎建築士が求めた適正価格ですので、あなたが建てられる県の物価に合うように調整してください。香川、高知、愛媛、岡山、兵庫なら大差ないのでは。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

あなたがどれほど信頼している工務店・ハウスメーカーであっても、暴利を取っていないとは限りません。手抜き工事を目論んでいないとは限りません。

これらをハッキリさせるためにも、本当の相見積りを行わなければなりません。

あなたが信頼している工務店・ハウスメーカーが、本当に信頼できる業者なら喜んで本当の相見積りに参加する。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

相見積りはいい加減な相見積りと本当の相見積りの二通りある。

いい加減な相見積りは、一般の建て主が相見積りと思っているもの。A社、B社、C社に声を掛け、それぞれからそれぞれが勝手に作成した見積書を出させて比較する。これを相見積りだと思っている。これはいい加減な相見積りです。

ただ、これもムダではありません。夫々の業者の提示する見積り額が適正かどうかは分からないが、依頼してよい工務店かいけない工務店かは見分けられる。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

本当の相見積りとは、工事原価と各業者の粗利益がはっきりと見える見積書を出させて競わせること。

工事原価、適正価格は、本当の相見積りを行うことで初めて分かる。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

工務店・ハウスメーカーの信頼度を計るとか信頼できる工務店・ハウスメーカーを見分けるだけでよいのなら、A社、B社、C社それぞれからそれぞれが勝手に作成した見積書を出させるだけで十分。

あなたがそれら見積書を見て、信頼できる工務店・ハウスメーカーをどうかを見分けられる知識があれば、十分です。

法に定められた書式の見積書を作ってくる業者は信頼できる業者。概算見積書を作ってくる業者は信頼できない業者。

あなたには、法に定められた書式の見積書か概算見積書を見分けられるだけの知識があればよい。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

工務店・ハウスメーカーから見積書を入手する目的の一つに、工務店・ハウスメーカーの信頼度を見極めることがある。

A社、B社、C社から見積書を入手したが、どれも概算見積書だった場合、他の業者に当りなさい。10社から見積書を入手してもまだ、法に定められた書式の見積書を出してくる業者がいなければ、100社に当りなさい。

それでも、信頼できる業者、法に定められた書式の見積書を出してくる業者が見つからなければ、家づくりネットワーク方式の家づくりで建てなさい。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

自分が建てたいと考えている家がどれ位の工事費を必要とするのかを正確に把握したいなら、本当の相見積りを行いなさい。

工務店・ハウスメーカーで家を建てるのなら、正しい工事費を知る方法は、これしかない。

2000万円の家には、2000万円払って建てたい、それ以上は払いたくないと考える人は、本当の相見積りを行いなさい。

本当の相見積りを行えば、適正工事費が分かるだけでなく、工務店・ハウスメーカーの信頼度を見極めることもできる。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

工務店・ハウスメーカーの信頼度を見極めるだけなら、法に定められた書式の見積書か概算見積書を見分けられるだけの知識があればよいだけなので建て主にも見極められる。

工事費の内訳、工務店・ハウスメーカーがピンハネするお金の内訳まで明らかにできる本当の相見積りを行うのは、建て主一人では無理。

本当の相見積りを行うための設計図面および積算書を建築士(設計事務所)に作成してもらう必要がある。

家づくりネットワーク方式の家づくりを行える建築士(設計事務所)であれば、本当の相見積り用の設計図および積算書も作れる知識も能力も備えている。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

工務店・ハウスメーカーで家を建てるのなら、本当の相見積りは必須です。

いま話を進めている工務店・ハウスメーカーに「資材費、労務費、経費利益の内訳まで明らかになる本当の相見積りを行いたいのです。参加してくれますね」と言ってみましょう。多くの工務店・ハウスメーカーが二度とあなたの元にやってこなくなるか、何かと理由を付けて本当の相見積りに参加しないでしょう。

信頼できる工務店・ハウスメーカーは、それほど少ないということです。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

本当の相見積りは、工務店・ハウスメーカーの規模、有名無名、建設棟数の多い少ないなどに関係なく、平等公平に工務店・ハウスメーカーの信頼度を見分けられる唯一の手段です。

本当の相見積りを行わないから、建て主を平然と欺き騙す工務店・ハウスメーカーで家を建ててしまうことになる。さらに困ったことは、それら工務店・ハウスメーカーに欺き騙されていることにも気付かない建て主が大勢いることである。

本当の相見積りを行いなさい。本当の相見積りを行うためのの設計図面および積算書を作ってくれる建築士(設計事務所)が、どの工務店・ハウスメーカーが信頼できるかも教えてくれる。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

工務店・ハウスメーカーに家づくりを依頼するのなら、性善説を信奉していてはダメです。性悪説に立ちなさい。

工務店・ハウスメーカーを簡単に信じてはいけません。人口80万人に満たない滋賀県でも、悪質・悪徳工務店・ハウスメーカーは数多く存在します。

有名工務店・有名ハウスメーカーでも例外ではない。

あなたが家を建てる地でも同じです。

本当の相見積りを行えば、悪質・悪徳な工務店・ハウスメーカーは見抜ける。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

本当の相見積りを行うなどは、工務店・ハウスメーカーを疑っているようで、嫌だ」という建て主は、行わなくてよいです。

これだけお話ししても行いたくない人は行わなくてよい。ただ、後で後悔することになっても手遅れです。

徳島県でも、工務店・ハウスメーカーで家を建て、被害者にされ、損害賠償訴訟を起している建て主が多くいます。

それら建て主はみんな、工務店・ハウスメーカーを信じた人たちばかり。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

これだけは申し上げておきます。

害賠償訴訟を起している建て主は全て、本当の相見積りを行ってさえいれば被害者にされてなかったと考えられる。

本当の相見積りを行っていれば、悪質・悪徳な工務店・ハウスメーカーを見抜けてたはずですから。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

本当の相見積りを行っていれば、建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書に揚げたような概算見積書を用いる工務店・ハウスメーカーに家づくりを依頼することなどないでしょう。

光洋一級建築士事務所が本当の相見積りを行うためのの設計図面および積算書を作っていれば、建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書に揚げたような概算見積書を作成した業者など一番先に排除されたことでしょう。

この手の業者は、100%、本当の相見積りには参加しない。営業トーク、宣伝広告の嘘が明らかにされるので本当の相見積りには参加しない。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

これが一番大切です。本当の相見積りを行う目的です。

本当の相見積りを行う目的は、信頼できる工務店・ハウスメーカーを見つけることにある。

会社の規模、建設棟数、営業トーク、有名か無名かなどに惑わされずに、全ての業者を同じ条件において工務店・ハウスメーカーの信頼度を比較できるのは、本当の相見積りだけであることお忘れなく。

そして、信頼できる工務店が提示する見積り金額なら、適正です。

複数の工務店より相見積りを取る目的は見積金額の高い安いを見るものではない。見積金額の安い工務店が安いとは限らないのが工務店の見積書。家を建てる、複数の工務店より相見積りを取る目的は良い工務店か悪い工務店か見分けることだけ。見積金額の高い安い、工務店の良し悪し双方が見分けられるのは本当の相見積り行う目的だけ。これ家を建てる相見積りを取る目的、本当の相見積り行う目的。

トップページ前のページ次のページサイトマップ