光洋一級建築士事務所のトップページへ戻る

省エネ住宅、エコ住宅はどのような家 省エネ住宅、エコ住宅の作り方

エコ住宅、最近よく耳にするようになりましたね。エコ住宅とはどのような住宅なのでしょうか。徳島の田舎建築士が思うエコ住宅です。

自然素材を多用し・自然エネルギーを取り入れ・新しい建材や太陽光発電を採用せず造った家をエコ住宅と捉える人、エコ家電や太陽光発電など先端技術の設備を取り入れてた家をエコ住宅と捉える人、様々です。

何れの工法、考え方が正しいと決められるものではありませんが、地球環境や子、孫、孫の子の将来まで考えれば、全家屋がエコ住宅を考えておくべき、いや、建てるべきであり、化石燃料の使用は減らす必要があるでしょう。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

ここから本題です。私が生活しているのは徳島県という田舎。「徳島県はどこにある」と尋ねて、正しく答えられる人は少ないでしょう。それほど知られていないのが徳島県。

田舎だから周りには森林が、優良な杉がたくさん植林されています。

私は思うのです。エコ住宅とは自然素材をふんだんに使った自然素材住宅、健康住宅の延長線上にあるのではないかと。

エコ住宅なる言葉が流行る以前より、内装を全て自然素材で仕上た家、地熱を利用して空調を行う家などを造ってきました。これらは全てエコ住宅だと思うのです。

10年ごとに再塗装が必要で、20年後、30年後に張り替えねばならない外装材でなく、30年、50年もメンテナンスフリーの外装材を使えば、これもエコ。

内装に経年変化を楽しめる木を使えば50年100年もメンテナンスフリー。10年ごとに貼り替えねばならないクロスと比べれば、これだけでエコに貢献できます。

あなたが少し気を付ければそれだけでエコになる。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

大手ハウスメーカーがなぜエコ住宅に乗り出さないかというと、エコ住宅は大量生産できないから。利益を出せないからです。中には健康壁といいながら化学物質まみれの壁材も売られている、使用されているといわれています。

30年後、50年後に巨大地震に遭遇しても、倒壊しなければこれもエコ住宅。  こちら、減振住宅をご覧下さい。

違った方向から見れば、アレルギー対策の家、花粉症対策の家も健康住宅の一つ、健康になり薬を必要としなくなればこれもエコ。

エコ住宅、考え出したらきりがありません。100人いれば100とおりのエコ住宅があるかもしれません。

どのようなエコ住宅であろうと、徳島県物価であれば、建売住宅価格、タマホーム工事費で全て建てられること、請合います。

タイプ別エコ住宅の工事費はこちらこちらに掲載しています。参考にすれば必ず素晴らしいエコ住宅が入手できるでしょう。

こちらの省エネ住宅もエコ住宅

なお、表示の新築住宅工事費、工事価格は徳島県の価格ですが、他県の方も参考になるでしょう。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

エコ、エコ住宅、考えだしたらきりがない。あなたにとってのエコ、エコ住宅を考えることより、エコ、エコ住宅は始まります。ここで、あなたと家族にとってのエコ、エコ住宅を探していきましょう。

(1)あなたや家族にとってのエコは何ですか。何をすることでエコに貢献できますか

(2)あなたや家族にとってのエコ住宅とはどのような家ですか。どのような目的をもって造られる家がエコ住宅ですか

(3)あなたがエコ住宅を建てる目的は何ですか。その家で目的は達成できますか

(4)あなたや家族が思うエコな暮らしは楽しいですか。苦痛なら止めて、別なエコ、エコ住宅を考えましょう

自然の恵みを利用するのもエコ、田舎暮らしもエコ、灯りをまめに消すのもエコ、待機電力を切るのもエコ、水の垂れ流しを止めるのもエコ、省エネ住宅を建てるのもエコ、エコ、エコ住宅、考えだしたらきりがない。

難しいかもしれませんが、家族と話し合うことよりエコは始まる。あなたや家族にとってのエコ、エコ住宅の見当は付きましたか、見えてきましたか。無理せず手近なところから始めましょう。できるところから始めましょう。長く続けられることから始めましょう。田舎建築士の私見ですが、それがエコ、エコ住宅だと思うのです。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

エコ住宅と共にいい家づくりについてお話しする機会が持てればいいですね

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

どちらのエコ住宅が勝っているかは新築時の性能・コストだけで決めるものではない。

・エコ住宅の比較は、建物の建設着手時から解体・廃材処理完了までのトータルエネルギーで考えるもの

・エコ住宅の比較は、建物の建設着手時から解体・廃材処理完了までに費やしたお金で考えるもの

再利用できる資材の量まで加味してのエネルギー総量・お金で比較するもの。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

エンジニアリングウッド(集成材)を使用しながらエコ住宅だという工務店・ハウスンメーカーもある。

この人たちは、エコ住宅そのものを知らない人達。エコ住宅を唱えてお客を呼び込みたいだけの人達。

賢明なあなたにはここで言っている意味、既にお分かりでしょう。

柱1本作るにしても、エンジニアリングウッド(集成材)は無垢の柱を作る数倍のエネルギーを必要とする。

製造段階で最大のエネルギーを必要とする資材を使う家が、エコ住宅だと唱えてはいけません。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

あなたたちご家族にとってのエコ住宅は決まりましたか。

冷暖房費の少ない家がエコ住宅だと考える人の希望をかなえるのは簡単です。

断熱性能に優れた家を建てればよい。夏、エアコン使わずに快適に過ごせる家を建てればよい。冬、少しの暖房だけで一日中暖かい家を建てればよい。

そのような家は高額になると諦めますか?

家づくりネットワーク方式の家づくりを実行すれば、いま考えている予算で作れるかもしれません。

エコ住宅、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強することから始めなさい。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

あなたたちご家族にとってのエコ住宅は決まりましたか。

長持ちする家、寿命の長い家をエコ住宅だと考える人の希望をかなえるのは簡単です。

寿命50年の家より、寿命100年の家のほうがエコ住宅です。

2000万円で建てた寿命50年の家、年間償却額を定額法で示せば40万円。

同じ2000万円で寿命100年の家を建てたら、その家の年間償却額を定額法で示せば20万円。

100年のスパンで考えて、50年寿命の家は50年後に建替え(スクラップアンドビルド)しなければいけない。そのコストも含めると、寿命50年の家の年額償却費は100万円以上。

長持ちする家、寿命の長い家はエコ住宅。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

寿命50年の家より、寿命100年の家のほうが建設コストは高額です。

でも、寿命50年の家の建設コストで、寿命100年の家が建つとすれば、それでもまだ寿命50年の家を建てますか。

工事費が高額になっても心配は無用です。工務店・ハウスメーカーにピンハネされるお金をカットする家づくりを行えば、寿命100年の家にするのに必要なお金は捻出できる。その方法が、家づくりネットワーク方式の家づくりです。

同じだけの工事費でよりエコな家、エコ住宅が作ちたければ、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強することから始めなさい。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

あなたがどのようなエコ住宅を建てようと考えている人でも、エコ住宅と呼ぶに値しない家を建てるよりエコ住宅を建てるほうが高額です。

ですが、高額といってもあなたが工面できない額ではない。工務店・ハウスメーカーにピンハネされるお金を廻せれば十分です。

工務店・ハウスメーカーにピンハネされるお金をカットする方法の一つが、家づくりネットワーク方式の家づくり

いま建てようとする工事費でエコ住宅にグレードアップしたければ、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しなさい。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開、分離発注、第三者監理の家づくり。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、それなりの知識能力があれば何れの設計事務所(建築士)にも行える。そのように光洋一級建築士事務所が作り上げている。

いま建てようとする工事費でエコ住宅にグレードアップしたければ、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しなさい。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、人と場所を選びません。

あなたが徳島県でエコ住宅を建てる人で、愛知県の設計事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼しても、徳島県を拠点とする光洋一級建築士事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼した場合と同じ結果が得られます。

あなたが大阪で家を建てる人で、静岡県あるいは広島県の設計事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼したとしても、大阪に拠点のある設計事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼したのと同じ結果が得られます。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

○工務店・ハウスメーカーの家づくりに必要なお金

工務店・ハウスメーカーがピンハネする分
監理費
労務費
資材費

家づくりネットワーク方式の家づくりに必要なお金

監理費
労務費
資材費

家づくりネットワーク方式の家づくりなら、工務店・ハウスメーカーがピンハネする分をエコ住宅にする追加工事費に廻せる。

エコ住宅にグレードアップしたければ、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しなさい。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開、分離発注、第三者監理の家づくり。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、建て主と設計事務所と専門職たちの三者だけで作る家づくり。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、ピンハネを業とする工務店・ハウスメーカーに依頼しない家づくり。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、同じ家を建てるなら、どの方法よりも安く作れる家づくり。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、同額の工事費を投入するなら、最も上質な家が作れる家づくり。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、エコ住宅建てたいとする建て主に最適の家づくりとする理由がこれらです。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

分離発注の家づくりとは、

建て主が家を直接作る20業種にも及ぶ専門工事業者(専門職たち)を選んで、各工事の請負代金を折衝し、工事を発注し、資材も建て主が調達し、工事段階には、各専門工事業者の段取りを管理し、施工状況を監理し、建て主の自己責任で家を完成させること。

分離発注の家づくりは、同じ家を建てるなら、どの方法よりも安く作れる家づくり。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

分離発注の家づくりをやりたいが、素人の私には無理だろう。そのとおりです。

そこで、分離発注で建て主が行うべきことの全てを設計事務所が代行する家づくりシステムがあります。

それが、家づくりネットワーク方式の家づくりです。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、建て主と、分離発注の家づくりにおける建て主役目を代行する設計事務所と、専門職たちだけで行う家づくり。

工務店・ハウスメーカーを介在させない家づくり。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

家づくりネットワーク方式の家づくり

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

建て主

分離発注(家づくりネットワーク方式の家づくり)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−→

専門職たち
(元請)
建て主

一括発注
−−−−−→

工務店
(元請)

分離発注
−−−−−−−−−−−−−−−→

専門職たち
(下請)
建て主

一括発注
−−−−−→

ハウスメーカー
(元請)
一括発注
−−−−−→
工務店
(下請)
分離発注
−−−−−→
専門職たち
(孫請)

・専門職たちに渡るお金が同額なら最も安く作れるのはどれですか。

・建て主が払う工事費が同額なら最も上質な家作れるのはどれですか。

・同じ家を同じ条件で建てるなら最も安く作れるのはどれですか。

・同じエコ住宅、最も安く作れるのはどれですか。

・あなたの価値観で最もよしとする家づくりはどれですか。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

家づくりネットワーク方式の家づくりを実行しても、いま工務店・ハウスメーカーで建てようとする一般住宅の工事予算でエコ住宅作れませんか?

作れるはずなのですが。作れるという根拠は、

工務店・ハウスメーカーの
家づくりに必要とされるお金
家の建設に使われずに霧消するお金  
家の建設に直接投入されるお金 分離発注で必要とされるのはこの部分だけ

家の建設に使われずに霧消するお金をなくして、そのお金をさらに家の建設に直接投入すれば、一般住宅を建てる工事費でエコ住宅が作れそうです。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

家の建設に使われずに霧消するお金の総工事費に割合は、工務店・ハウスメーカーの経営形態によりさまざまだが、20%〜40%と推定される。

工務店・ハウスメーカーから、工事費見積額3000万円といわれたら、そのうちの600万円〜1200万円は、家の建設に直接関係しない、間接費として霧消していることになる。

同じく、工事費見積額2000万円といわれたら、そのうちの400万円〜800万円が、家の建設に直接使われずに霧消していることになる。

これらの家の建設に直接使われずに霧消しているお金を、エコ住宅を作るのに必要となる追加の工事費に回せば、らくらく、エコ住宅が作れることでしょう。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

光洋一級建築士事務所は、建て主の方々にいい家を安く建てていただくために、家づくりネットワーク方式の家づくりを提唱・実践しています。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開・分離発注・第三者監理の家づくり。

同じ条件で家を建てるなら、一番安く作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

同じだけの工事費で建てるなら、一番良い家作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

手抜き・欠陥工事を行われる可能性が一番少ないのが、家づくりネットワーク方式の家づくり。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、それなりの知識と能力があれば、どこの設計事務所にでも行えます。

あなたが家を建てようとする地にある設計事務所にでも行える。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、場所と人を選びません。

徳島県で家を建てようとしている人が、東京の設計事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼してもよいのです。その東京の設計事務所が家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるなら、徳島県を拠点とする光洋一級建築士事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼したのと同じ結果が得られます。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

いい家を安く作ることをポリシーとする光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

3.見積りチェック、見積書チェック

4.本当の相見積りのためのデータ作成(図面と積算書)

5.工事の監理

6.住宅調査、欠陥住宅の調査

光洋一級建築士事務所はいい家安く建てたいとする建て主のお手伝いをする設計事務所です。

省エネ住宅とはどのような家のこと。省エネ住宅とは消費エネルギーの少ないのこと。エコ住宅とはどのような家のこと。自然エネルギーを多用し快適に暮らせる省エネ住宅のこと。省エネ住宅の作り方は断熱性能を高めればよい。エコ住宅の作り方は省エネ住宅の作り方にプラス自然エネルギー利用。

トップページ前のページ次のページサイトマップ