光洋一級建築士事務所のトップページに戻る

正しい家づくりの方法、建築主が主導権握る家づくり

住宅は今、二極化が進んでいます。

一つは、個性的なこだわりを持つ家、俗にデザイナーズ住宅とか作品とか言われてますね。

もう一つは、ハウスメーカーのようにプラン化された住宅、企画化された住宅です。

どちらを建てるにせよ、「本当の住宅価格はいくらなのか」という不安を感じていませんか。

同じ企画化住宅でも、ハウスメーカーの対極にあるのがタマホームを筆頭にしたローコスト系でしょう。

住宅そのものも、ハウスメーカー、ローコスト系のような企画化住宅と自分達の暮らしに合わせる注文住宅との二極化が。

住宅価格も高額なハウスメーカー系とローコスト系の二極に。

いずれにせよ、見えないところの工事費は安く、見えるところに費用を回し、見た目を良くし、労務費を省く努力をする。

ここに、あなたのこだわりは何も含まれていません。間取りも、外観も、設備も、仕上材も、全て業者の手の内に。

建築家と称する建築士が創る作品と呼ばれる家も、主導権は建築士が握っている。

自分の家でありながら主導権はあなたにない。

自分達が主導権を握らなければ、自分達らしい暮らしができる自分達の家は創れません。

ハウスメーカー、建築家に都合の良い家を創る。あなた達の暮らしに合ったあなた達の家ではないのです。

注文住宅はあなたやあなたの家族の夢をかなえるため、どうしても手間がかかる。

少しでも多くの利益を得ることに主眼を置いた企画化住宅とは違うところです。

あなたの夢を具体的に設計することからスタートする注文住宅では、それぞれ間取りも違えば、外観も違う。

大きさも違えば、設備も仕上材も違う。ましてや予算も大きく違う。

よって坪単価など、注文住宅づくりの参考にはならないのです。

ハウスメーカーやローコスト系は利益を上げるのが目的。よって主導権は業者が握る。

自分達らしい家づくりを希望するなら、主導権は建て主が握らねばならない。

そうでなければ自分達らしい家が創れないこと、お分かりでしょう。

よって坪単価は、建てたい家の見積りをして初めて明らかになるものであり、当初より坪単価が決まっているハウスメーカー、ローコスト住宅と一線を画す家づくりなのです。

自分達らしい注文住宅を創るには、必ず明細書(詳細見積書)がある。

この明細書には、あなたのこだわりが全て含まれている。

家のランクを上げるのも下げるのも、あなたのこだわりにより全て自由。

ここが坪単価表示で何の自由もない企画住宅と大きく異なるところです。

では、主導権をあなたが握るためのお話しです。

1)間取りは、奥様やお子達と「あーでもない、こーでもない」とワーワー言いながら自分達でつくる

2)自分達が求める構造、性能、外装、内装、設備をハッキリと相手に伝える

3)1)、2)を満たした図面と見積もり明細書の提出を求める

4)明細書の内容で分からないことは徹底的に尋ねる。納得できるまで尋ねる。資料の提示を求める

5)部材支給、大工さん、水道屋さん、電気屋さん、サッシ屋さん、内装屋さんなど、どの職種でもよいので友人に仕事をやらさせてくれと要求する

6)契約はその日にサインせず、4〜5日預からせてくれと要求する

7)契約日に、「自分達でできることは自分達でするので、その分は支払わない」と念を押す(書面で残す)

8)申込金、契約金、着手金、上棟金など、先銭を要求されたときは、業者に保証人を付けることを要求する

これらを実行することで、主導権は自然とあなたの元へ。

複数業者が、性能、工法、部材価格の全てを詳しく説明することにより、住宅価格の不安からも解消される。

また、A、B、C社が相見積もりに参加するとすれば、A社には、B社、C社も参加すること、B社には、A社、C社が参加すること、C社にはA社、B社が参加することを必ず伝えてください。

さらに、あなたが見積もり明細書の提出を求めるときに、このセリフを言ってください。

「○社、×社にも言ったのですが、私は値引交渉は嫌なので、最初の見積りで全て判断したいと思っています。最初に出していただける見積りからさらに値引をするような駆け引きをした時点で申し訳ありませんが、御社はお断りします。最初から目一杯の価格、見積りをお願いします」

これで業者はあなたの家を本当に受注したいと思っているのなら、社内で検討し、目一杯の価格を提示してくることでしょう。

価格提示だけでなく、明細書の同時提示を必ず実行してもらってくださいね。

これで、あなたが主導権を握った、いい家を安く建てられることでしょう。

坪当り24万円の一般住宅」「坪当り36万円の高性能住宅」の見積り明細書をご覧下さい。必ず役に立つ事でしょう。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

新築住宅 主導権を握る家づくり

工務店・ハウスメーカーで家を建てるなら、建て主が主導権を握らなければいい家が作れないこと、いい家を安く作れないこと、お伝えしました。

主導権を握ると言っても、どのようにすれば握れるのか分からないでしょう。そのようなあなたに主導権の握り方をお伝えします。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

新築住宅 主導権を握る家づくり

新築住宅を建てる際に主導権を握りたければ、何から何まで工務店・ハウスメーカー任せにはしないこと。

新築住宅を建てる際に主導権を握りたければ、家づくりの全てに渡って建て主が実権を握ること。実権を握った者が主導権を握れる。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

新築住宅 主導権を握る家づくり

残念ながら、工務店・ハウスメーカー任せで家を建てた建て主は、工務店・ハウスメーカーに主導権を握られている。だからいい家安く作れない。

工事費額を工務店・ハウスメーカーに決められたのでは、いい家安く作れる訳がない。

あなたは工務店・ハウスメーカーが持参したいい加減な概算見積書に記されたいい加減な工事費見積り額のままで契約してしまっている。

あるいは、僅かな値引き交渉に成功して主導権を握った気になって契約してしまっている。あなたの値引き要求など、工務店・ハウスメーカーの想定内。

家づくりで主導権を握りたければ、見積書を工務店・ハウスメーカーに作らせてはいけない。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

注文住宅 主導権を握る家づくり

注文住宅建てる際に主導権を握りたければ、見積書は建て主サイドが作らなければいけません。

お金を握った者が主導権を握る。これが世の常です。

この家をこれだけの工事費で建てなさい、これだけの工事費で建てられるでしょうと、根拠を明らかにした見積書を工務店・ハウスメーカーに提示することで初めて、主導権を握った家づくりが行える。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

注文住宅 主導権を握る家づくり

建て主サイドで工事費を見積もれば、2000万円の家は2000万円で作れる。

工務店・ハウスメーカーに工事費を見積もらせるから、2000万円の家に2500万円も3000万円も払わされる。

主導権握りたければ、工事費は建て主サイドが求める。建て主サイドが決める。これ必須です。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

注文住宅 主導権を握る家づくり

工務店・ハウスメーカーに工事費を決めさせるから、このようないい加減な見積書が作られる。

建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書はいい加減な見積書の見本です。

このようなエセ見積書を作る工務店・ハウスメーカーで建てたのでは、いい家作れるわけがない。

このようなエセ見積書を作る工務店・ハウスメーカーで建てたのでは、いい家安く作れるわけがない。

建て主が主導権を握っていれば、このようば低級・劣悪・悪質な工務店・ハウスメーカーとの契約はしなかったはず。

建て主が主導権握る重要性、分かりましたか。建て主が主導権を握っていれば、この家1000万円は安く作れていました。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

木造住宅 主導権を握る家づくり

工務店・ハウスメーカーに家を建てさせるのなら、工務店・ハウスメーカーに主導権を握らせてはいけません。

工務店・ハウスメーカーとプラン打ち合わせが確定したら、そのプラン図を設計事務所に持ち込んで、本当の相見積りに必要な設計図面と積算書とを作ってもらいなさい。作られた図面と積算書を複数の工務店・ハウスメーカーに渡して、各社に価格を入れさせることで、建て主が主導権が握れる。

これを本当の相見積り・競争入札という。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

木造住宅 主導権を握る家づくり

本当の相見積り・競争入札は、建て主が主導権を握る家づくり方法の一つ。

本当の相見積り・競争入札は、建て主が主導権を握りって工事費を求めたのとよくにた結果が得られる。

本当の相見積り・競争入札に必要な図面と積算書は、家づくりネットワーク方式の家づくりを行える設計事務所であれば作成できます。

建て主側で工事費を求めるもの、家づくりネットワーク方式の家づくりを行える設計事務所であれば積算できます。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

木造住宅 主導権を握る家づくり

建て主が主導権を握る家づくり方法のもう一つが、見積書チェック。

工務店・ハウスメーカーから見積書を入手したら、然るべき能力を有する建築士にその見積書をチェックしてもらいなさい。

見積書チェックの結果、見積り金額にどれだけの額が工務店・ハウスメーカーの経費利益として上乗せされているか明らかになる。

その上乗せされている経費利益のうち、建て主の価値観で払いたくない・払わされたくないとする費目をカットしなさい。カットしたあとの残金工事費で発注しなさい。

こうすることで建て主が主導権を握れる。家づくりネットワーク方式の家づくりを行える建築士であれば見積書チェックも行える。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

新築住宅 主導権を握る家づくり

建て主側で工事費を求める家づくりも、

本当の相見積り・競争入札で工務店を選ぶ家づくりも、

見積書チェックで工事費を決める家づくりも、

何れを実行するにしても、監理者は工務店・ハウスメーカーとは一切関わりのない第三者の建築士を建て主自身が選定することで初めて、建て主が主導権を握れる家づくりが完結する。

建て主が主導権を握る家づくりには、第三者監理が必須です。

家づくりネットワーク方式の家づくりを行える建築士は、第三者の監理者に最適です。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

建て主が主導権を握る家づくりには、第三者監理が必須です。

お金・工事費の決定権を建て主が握っても、正しく工事費が使われているかチェックできなければ、最後まで家づくりの主導権を握ったことにはならない。

見積書どうりに正しく工事費が使われているかをチェックするのも監理者の仕事。

監理者が監理者は工務店・ハウスメーカーとは一切関わりのない第三者であって初めて、工事費が正しく使われているかどうかをチェックできる。

建て主が主導権を握る家づくりをするには、何があっても工務店・ハウスメーカーが選んできた者を監理者に据えてはいけません。

家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるだけの知識・能力を有する建築士なら、見積書どおりに正しく工事費が使われているかのチェックも行える。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

長々と、建て主が主導権を握る家づくりについてお話してきましたが、

工務店・ハウスメーカーと話を進めるより先に、家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるだけの知識・能力を有する建築士に監理を依頼しておけば、監理者の役に付いた建築士が、建て主が主導権を握る家づくりの全てを建て主に代わって行ってくれる。

結論です。

工務店・ハウスメーカーと話を進めるより先に、家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるだけの知識・能力を有する建築士と監理契約を結びなさい。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

本当の相見積り・競争入札を行うことで建て主が主導権を握る家づくりも、

建て主側で工事費を求めることで建て主が主導権を握る家づくりも、

見積書チェックして工事費を決めることで建て主が主導権を握る家づくりも、

何れを行うにしても、家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるだけの知識・能力を有する建築士であれば、全て対応できる。

工事中の工事費の管理も対応できる。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

家づくりの主役は建て主です。主役の建て主が主導権を握らなくてどうします。

建て主が主導権を握る家づくりに難しいことは何もない。家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるだけの知識・能力を有する建築士と監理契約を結ぶ、ただこれだけ。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

建て主が主導権を握ることで初めて、いい家が作れる。

建て主が主導権を握ることで初めて、いい家安く作れる。

建て主が主導権を握ることで初めて、同じ工事費で建てるならより上質の家が作れる。

建て主が主導権を握ることで初めて、信頼できる工務店・ハウスメーカーかそうでない工務店・ハウスメーカーか見分けられる。

建て主が主導権を握ることで初めて、不適切な工事費の搾取が防げる。

建て主が主導権を握ることで初めて、手抜き欠陥工事が防げる。

あとは、あなたが主導権を握る家づくりを実行するだけ。

正しい家づくり、正しい家づくりの方法、正しい家づくりの方法は、建築主が主導権握る家づくり、建築主が主導権握る家づくりの方法、、建築主が主導権握る家づくりの方法は、正しい家の作り方、正しい家の作り方は

トップページ前のページ次のページサイトマップ