光洋一級建築士事務所へ

1000万円で40坪の家を建てる ローコスト住宅の秘訣

1000万円で42.42坪の家が建つ。詳しくはこちらで。

いかがですか。 42.42坪、1000万円の家に何か不満はありますか? これだけの家が1000万円なら文句はないのでは。

1200万円の予算はある方は200万円分レベルアップすればよいでしょう。

耐震性能、耐久性はこれで十分。住み心地をレベルアップしますか、それとも設備をレベルアップしますか。

それとも両方レベルアップしますか。それでも坪単価は28万円。

この家ならアパート家賃を返済に当てれば、土地と家が持てる。

まだもう少し予算を掛けて広い家が欲しいという方は、こちらの坪当り36万円の高性能住宅はいかがですか。

「タマホーム 坪当り24万円の一般住宅、 徳島、香川、高知、愛媛、岡山、兵庫」もご覧下さい。家づくりにおいて知っておかなければならない情報が満載です。

光洋一級建築士事務所へ

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

粗利益率35%の工務店・ハウスメーカーが建てる42坪、1500万円の家。

家に直接使われるお金は、975万円。工事原価約1000万円の家ですね。

タマホームが建てる42坪1500万円の家も。工事原価は1000万円。

その家、あなたが自己責任で分離発注を実行すれば、1000万円で作れる家です。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

粗利益率40%の工務店・ハウスメーカーが建てる坪当たり40万円、42坪の家の工事費は1680万円となる。

この家に直接使われるお金は、1008万円。工事原価約1000万円の家ですね。

タマホームが建てる42坪1500万円の家も。工事原価は1000万円。

その家、あなたが自己責任で分離発注を実行すれば、1000万円で作れる家です。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

分離発注とは

建て主自身が専門職たちと交渉し見積りを取り、資材費労務費を取り決める。

建て主自身が個々の専門職たちに分離発注し、建て主自身が資材を調達し、専門職たち支給し、工事の工程管理と監理をして、建て主の自己責任で家を完成させる。

建て主が家づくりに注ぎ込んだ労力をコストに入れなければ、調達した資材費と専門職たちに発注した工事費(労務費)だけで家が作れることになる。

これが最も安く作れる家づくり。

さらに工事費総額をダウンさせようとするなら、施工の一部を建て主自身が行えばよい。すなわちハーフビルド、セルフビルドも行える。それに最も適した家づくりが、分離発注の家づくり。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

分離発注はやりたいが、素人の建て主には、とてもでないがハードルが高い。

そこで分離発注の家づくりで本来建て主がやるべきことの全てを設計事務所が代行する家づくり方法がある。これを家づくりネットワーク方式の家づくりと称す。

家づくりネットワーク方式の家づくり、光洋一級建築士事務所が提唱・実践しています。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、資材費と労務費と監理費だけで家を建てる方法。

資材費と労務費と監理費の合計を一般的には工事原価という。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

タマホームをはじめ工務店・ハウスメーカーの工事費は、この工事原価に彼らが欲しいだけの経費・利益を上乗せした金額。

工務店・ハウスメーカーの
家づくりに必要なお金
工務店・ハウスメーカーが
欲しいとする経費・利益
 
工事原価 この部分だけで家を建てようとする
のが分離発注の家づくり
家づくりネットワーク方式の家づくり

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

タマホームはじめ工務店・ハウスメーカーが欲しいとする経費・利益は、家の建設に注ぎ込まれることなく霧消するお金。

これらの経費・利益は、建て主にとっては無駄金。その無駄金をカットすることで、いい家が安く作れる。

家の建設に注ぎ込まれることなく霧消するお金は、工事費見積り金額のうちの20%〜50%も占めるといわれている。

20%〜50%も範囲があるのは、それぞれの工務店・ハウスメーカーの経営形態による経費・利益のばらつき。

これら無駄金は分離発注の家づくりを行えば全てカットできる。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

家の建設に注ぎ込まれることなく霧消するお金は、タマホームはじめ工務店・ハウスメーカーにピンハネされるお金。

見積書に明示されていなくても、必ず工事費見積り額のどこかに混入させて、ピンハネされている。

それは、タマホームであれその他どの工務店・ハウスメーカーであれ、同じです。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

仮にタマホームの粗利益率を40%として試算してみます。

40坪の家が工事原価1000万円だとします。45%の粗利益を考慮すると、1000万円÷(100%−45%)=1818万円が見積もり金額として提示される。

坪単価にすると、1818万円÷40坪=45.45万円の家ということです。

これを建て主が分離発注で建てれば、必要な工事費は、工事原価の1000万円だけ。

タマホームが1818万円で建てる家、工事原価1000万円の家、いい家ですね。

タマホームが1818万円で建てる家が、分離発注の家づくりを行えば、1000万円で手に入る。分離発注の家づくりを勉強する価値はありそうです。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

工事原価1000万円の家

粗利益率20%の工務店の工事費見積額は、1250万円

粗利益率35%の工務店の工事費見積額は、1538万円

粗利益率45%の工務店の工事費見積額は、1818万円

工務店・ハウスメーカーがどれだけの粗利益を欲しいかで、同じ家の工事費見積り額は、1250万円〜1818万円まで、バリエーションができる。

建て主は、工事原価を知ることが大切です。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

タマホームを筆頭に大多数の工務店・ハウスメーカーが建て主に提示する見積書は、悉く概算見積書です。

概算見積書とは、大雑把・いい加減に作られた信用できない似非見積書です。

概算見積書は、法を無視して作成された似非見積書です。

概算見積書とは、建て主を欺きだます目的で作成されている似非見積書です。

似非見積書、概算見積書から、素人の建て主が工事原価を見極めるのは不可能。

建て主に工事原価を把握させない目的で概算見積書を作成しているのですから、把握できないのも道理です。

概算見積書から工事原価を推定できるのは、見積書チェックを行えるプロ(第三者の専門家)だけ。

工事原価を知ることは大切で。いま契約しようとする見積り金額1800万円の家、実は工事原価は1000万円なのかもしれないのです。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

粗利益率20%の工務店で工事費見積額1250万円で建てようとする家、実は工事原価は1000万円なのかもしれない。

粗利益率35%の工務店で工事費見積額1538万円で建てようとする家、実は工事原価は1000万円なのかもしれない。

粗利益率45%の工務店で工事費見積額1818万円で建てようとする家、実は工事原価は1000万円なのかもしれない。

建て主が工事原価を知ることで、工事原価に近い価格で作れるようになります。

工事原価を知ることで、いい家が安く作れることになります。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

建て主が工事原価を知る手段は以下の三つある。

1.工事原価及び工務店・ハウスメーカーの経費利益の内訳まで明らかになる相見積りを行う

2.第三者の専門家に見積書チェックをしてもらう

3.家づくりネットワーク方式の家づくりを実行する

このどれを行うかは、あなたの価値観で決めればよい。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

タマホームが建てようとする家を建てるという条件で、工事原価及び工務店・ハウスメーカーの経費利益の内訳まで明らかになる相見積りへの参加を打診しても、タマホームは参加しません。

タマホームが建てる家と同じ資材を使った同じ工法の家を建てるという条件であっても、タマホームは相見積りに参加しません。

なぜでしょう。この意味にあなたが気づけば、いい家安く作れます。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

タマホームと話を進めているのなら、「御社から見積書を頂いたら、それを第三者の専門家にチェックしてもらいますが、よろしですね」と宣告してあげましょう。

第三者の専門家の見積書チェックを拒否するか、タマホームの営業マンは二度とあなたのもとに来なくなる。

タマホームには、第三者の専門家に見積書をチェックされては都合の悪いことがあるようです。この意味にあなたが気づけば、いい家安く作れます。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

第三者の専門家の見積書チェックについての説明です。

工務店・ハウスメーカーが建て主に渡す見積書の多くは建て主をだます目的で作られている概算見積書です。タマホームも他のハウスメーカーもその点は同じです。

概算見積書、そこに示されている工事費見積り金額が、いい加減に算定された信頼できない金額なのですから、いい家安く建てたければ、その概算見積書を第三者の専門家にチェックしてもらい、工事原価を知る必要がある。

見積りチェック・見積書チェックとは、工務店・ハウスメーカーとは無関係の第三者の専門家が工務店・ハウスメーカーの提示した見積書をチェックし、見積り金額を、家に直接使われるお金(工事原価)と、家に使われずに霧消するお金と仕分けすること。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

タマホームで家を建てる人に限った話ではなく、概算見積り業者で建てるのなら、見積りチェック・見積書チェックは必須です。

見積りチェック・見積書チェックを受けることで初めて。工事原価に近い工事費で家を建てることができるようになる。

工務店・ハウスメーカーの見積り金額1500万円という家、実は1000万円で作れるかもしれません。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

概算見積書とは、法を蒸して作られた似非見積書のこと。

概算見積書とは、大雑把・いい加減に作られた似非見積書のこと。

概算見積書とは、建て主をだます目的で作られた似非見積書のこと。

概算見積書とは、信用できない見積書のこと。

あなたはこのような概算見積書を用いる業者で家を建てるのです。第三者の専門家の見積りチェック・見積書チェックを受ける必要性はここにある。

見積りチェック・見積書チェックを受けることでいい家安く作れます。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

家づくりネットワーク方式の家づくりとは、分離発注。

家づくりネットワーク方式の家づくりとは、分離発注の家づくりはやりたいが、素人の建て主ではハードルが高い。そう逡巡されている建て主のため、分離発注で建て主がやるべきことの全てを設計事務所が代行しましょうという、家づくり方法。

家づくりネットワーク方式の家づくりとは、建て主と建て主の代行をする設計事務所と家を直接作る専門職たちの三者だけで作る家づくり。

ここにピンハネを業とする元請の工務店・ハウスメーカーは介在していません。

だから、家に直接使われるお金、工事原価だけで建てることができる。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

分離発注とは建て主が自ら資材を調達し、各工事の専門業者(専門職たち)からそれぞれの工事の見積りを取り、それぞれの工事を発注し、それぞれの工事の工程管理をし、施工監理をして、家を完成させる家づくりのこと。

これを実行すると、同じ家が最も安く作れる家づくりの方法。この方法を昨今は、セルフビルドの家づくりともいっているようです。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

家づくりネットワーク方式の家づくりは分離発注の家づくり。建て主と設計事務所と専門職だけで作る家づくり。

建て主

分離発注(家づくりネットワーク方式の家づくり)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−→

専門職たち
(元請)
建て主

一括発注
−−−−−→

工務店
(元請)

分離発注
−−−−−−−−−−−−−−−→

専門職たち
(下請)
建て主

一括発注
−−−−−→

ハウスメーカー
(元請)
一括発注
−−−−−→
工務店
(下請)
分離発注
−−−−−→
専門職たち
(孫請)

建て主と専門職との間に、余計な組織が入れば、それぞれが粗利益(中間搾取)を必要とする。

では、

工事原価で作れるのはどれですか。

専門職に渡すお金が同じなら、最も安く作れるのはどれですか。

建て主が払う工事費が同額なら、最も上質な家が作れるのはどれですか。

あなたの価値観にあった家づくりはどれですか。

工事原価1000万円で40坪の家を作れるのはどれですか。

光洋一級建築士事務所は、家づくりネットワーク方式の家づくりを提唱・実践しています。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

光洋一級建築士事務所は、建て主の方々にいい家を安く建てていただくために、家づくりネットワーク方式の家づくりを提唱・実践しています。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開・分離発注・第三者監理の家づくり。

同じ条件で家を建てるなら、一番安く作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

同じだけの工事費で建てるなら、一番良い家作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

手抜き・欠陥工事を行われる可能性が一番少ないのが、家づくりネットワーク方式の家づくり。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

家づくりネットワーク方式の家づくりは、それなりの知識と能力があれば、どこの設計事務所にでも行えます。

あなたが家を建てようとする地にある設計事務所にでも行える。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

家づくりネットワーク方式の家づくりは、場所と人を選びません。

徳島県で家を建てようとしている人が、東京の設計事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼してもよいのです。その東京の設計事務所が家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるなら、徳島県を拠点とする光洋一級建築士事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼したのと同じ結果が得られます。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

光洋一級建築士事務所の主な業務

1.個人建て主からの依頼で設計および原価見積書を作成

2.家づくりネットワーク方式の家づくりの実践

3.見積りチェック、見積書チェック

4.本当の相見積りのためのデータ作成(図面と積算書)

5.工事の監理

6.住宅調査、欠陥住宅の調査

光洋一級建築士事務所はいい家安く建てたいとする建て主のお手伝いをする設計事務所です。

1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 1000万円のローコスト住宅、1000万円で建てるローコスト住宅、40坪の家1000万円で建てるローコスト住宅 

トップページ前のページ次のページサイトマップ