光洋一級建築士事務所のトップページに戻る

信用できないのは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価

先日出逢ったお客様から、このような話を伺いました。

広告を見て、『安いな〜』と思って相談に行ったの。プラン作って見積もりを出してもらったら坪24万円の家が46万円になってしまって。何がなんだか分からなくなって、『どこの会社でもおなじですよ』と言われたのだけど、本当なの?

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

これはよくある話なのです。あなたの身近にも、おそらく同様の経験をした人もおられることでしょう。

家づくりで、『疲れた』『苦しかった』と言われる方々は、このような手法で建てられた人なのではないでしょうか。

あなたが一度でも見積りを取った事があるのなら、本音のところ、不信に感じたのでは。

家を建てられる方は全て、広告を見たり、パンフレットを集めたり、モデルハウスを見に行ったりして、勉強したつもりになり、『この値段なら何とかなるかな〜』と思ったことでしょう。

そうしたら、パンフレット価格の2倍もの見積りが。

何も特別な追加工事をお願いしたわけでなく、最低限生活ができるようにしただけなのに。

このように、何かおかしいと感じたことがあるはずです。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

住宅価格の表示方法にこれといった統一した基準はありません。

なぜ、このような見積り(坪単価)になるかと言いますと、本体工事に含めるも、含めないも全て業者の自由、広告に入れる価格も工事範囲も業者の自由なのです。

極端な話し、坪0円から もOKなのです。

基礎、土台、柱、屋根、外装、内装、設備、全て別途工事。笑い話ですが事実なのです。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

こんな広告見たことありませんか。

「××も△△もみんな付いて坪○○万円」  ←坪単価表記です。

小さな文字で、各種申請費別途、雨戸・網戸・防犯格子・照明器具別途、給排水工事別途 ←坪単価表記の特徴です。

これらを別途工事を含めればバカ高い額になる。 ←坪単価表記の特徴です

おまけに訳の分からない経費まで取られる。バカ高い額になる。 ←坪単価表記の特徴です

恥ずかしい話ですが、坪単価表記が住宅業界の常識になりつつあるのが現実なのです。

キチンと明細をつけた見積書をお渡しする業者が本当に少なくなりました。絶滅危惧種のように極々少数しか生き残っていません。

お客様の事を思い、正直な家づくりを行う業者が生き残れない、不思議な時代になったものです。

絶滅危惧種を救えるのは、あなたです。正直な家づくりをする業者へ依頼してあげてください。

このような業者なら必ずいい家をつくってくれることでしょう。

法律に基づいた正しい見積書は、「新築住宅 見積り明細書」ページにあります。

適正工事費の参考には、こちらをご覧下さい。 こちらこちらも。

参考ページ:「新築住宅 無意味な言葉 坪単価

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

坪単価とは、あってないに等しい価格です。タマホームを例にお伝えします。

タマホームの本体基本価格・坪単価は、25.8万円ですが、これが坪単価40万円であっても同じです。

坪あたり25.8万円の家と坪あたり40万円の家が同じ? 不思議に思われるでしょうが事実です。

坪あたり25.8万円の家と坪あたり40万円の家は、坪単価を算定している工事範囲は異なるだけです。

坪あたり25.8万円の家でも坪あたり40万円の家でも、同じ家に仕上げれば、最終工事費は同じになってしまう。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

ですから、本体基本価格・坪単価は何の役にも立ちません。

タマホームの本体基本価格・坪単価が25.8万円であろうと40万円であろうと、どちらでのよいのですが、一般ユーザーにタマホームの家は安い・ローコスト住宅だと印象付けるために25.8万円にしただけのこと。

さらに言えば、本体基本価格・坪単価は20万円にしてもよかったのです。現在の本体基本価格の工事範囲の一部をオプション工事・別途工事に移せば坪単価20万円も可能でしょう。

本体基本価格・坪単価は何の役にも立ちません。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

本体基本価格・坪単価は、建て主を欺き・ごまかす目的で用いられているのです。

タマホームの本体基本価格・坪単価25.8万円を例に説明します。

タマホームの本体基本価格・坪単価は、なぜ25.8万円なのでしょう。

なぜ本体基本価格・坪単価が25.8万円なのかは、タマホームは一切説明しない。

大切なお客様である建て主に説明できない工事費が、本体基本価格・坪単価。

これはタマホームに限ったことではなく、本体基本価格・坪単価を標榜している全てのハウスメーカーで同じです。レオハウス、アイフルホーム、ユニバーサルホーム、住友林業、一条工務店、全て、本体基本価格・坪単価の成り立ちを説明しない。

建て主に説明できない本体基本価格・坪単価など何の役にも立ちません。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

本体基本価格・坪単価が何故それだけの価格となっているのかを、建て主に説明できない。

本体基本価格・坪単価は、建て主を被害者にする工務店・ハウスメーカーが好んで用いる単価、価格表示。

建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書は、本体基本価格・坪単価での見積り、エセ見積書。

本体基本価格・坪単価は、欠陥住宅を作る工務店・ハウスメーカーが好んで用いる単価、価格表示。

建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書を作成した業者も、手抜き工事・欠陥工事を行ったと訴えられている。このことが、本体基本価格・坪単価表示業者の不誠実さを表している。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

はじめから、本体基本価格・坪単価が存在する工務店・ハウスメーカーは信用できないいい加減な工務店・ハウスメーカーです。

坪単価はプランニングし構造設計までした結果で求められるものであり、初めから存在するものではないのだということを分かりましょう。

はじめから、本体基本価格・坪単価が存在する工務店・ハウスメーカーは信用できないいい加減な工務店・ハウスメーカーです。それは大手ハウスメーカーーといえども同じです。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

大切なのでもう一度。

本体基本価格・坪単価は、が何故それだけの価格となっているのの説明を求めても、説明されない価格。説明できない価格。

建て主に説明できない本体基本価格・坪単価は、疑わしい価格。

本体基本価格・坪単価表示は、法を無視した表示。

本体基本価格・坪単価表示業者は、法を守ると都合の悪いことがある業者。

法を守ると都合が悪いこととは、何でしょうか?

法を守ると都合が悪いこととは、建て主から不当な利益を搾取できなくなること。

法律は建て主が被害に合わないように作られていることを知りましょう。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

本体基本価格・坪単価表示の見積書は全てエセ見積書、概算見積書。

光洋一級建築士事務所の知る限り、欠陥住宅を作ったと訴えられている工務店・ハウスメーカーは全て、エセ見積書・概算見積書を提示しただけで建て主と契約を結んでいる。

逆も言えるでしょう。

本体基本価格・坪単価を標榜しない工務店で建てれば、欠陥住宅が作られることもないと言える。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

本体基本価格・坪単価を標榜している工務店・ハウスメーカーでどうしても家を建てるのだと言う場合は、家づくりの全てをその工務店・ハウスメーカーに任せてはいけません。

少なくとも監理者だけは、あなた自身が工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の建築士を見つけてその建築士に依頼しましょう。

こうすることを、第三者監理といいます。この第三者の立場の監理者(建築士)が、工務店・ハウスメーカーの見積書を精査し、工事原価と工務店・ハウスメーカーの取り分(経費・利益)を分別してくれる。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

本体基本価格・坪単価を標榜している工務店・ハウスメーカーで家を建てるのなら、建て主自身が工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の建築士を監理者にしましょう。

その監理者が工務店・ハウスメーカーの見積り金額から、工務店・ハウスメーカーの取り分(経費・利益)を分別してくれて、ムダ金を洗い出し、それらをカットした適正価格で工事を請負うように工務店・ハウスメーカーと交渉してくれる。

本体基本価格・坪単価を標榜している工務店・ハウスメーカーで家を建てるのなら、第三者監理は必須です。

第三者監理を拒否する工務店・ハウスメーカーには絶対に家づくりを任せないようにしましょう。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

本体基本価格・坪単価を標榜している工務店・ハウスメーカーで家を建てるのなら、建て主自身が工務店・ハウスメーカーと一切関わりのない第三者の建築士を監理者にしましょう。

その監理者が工務店・ハウスメーカーの不適切な工事費請求をチェックしくれる。払うべきお金と払わなくてよいお金を分別してくれる。

本体基本価格・坪単価を標榜している工務店・ハウスメーカーで家を建てるのなら、第三者監理は必須です。

第三者監理を拒否する工務店・ハウスメーカーには絶対に家づくりを任せないようにしましょう。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

まとめ

新築住宅を建てるのだという場合に、本体基本価格・坪単価には注意しましょう。本体基本価格・坪単価は、建て主を欺く・騙す目的で用いられていることを理解しましょう。

建て主を不幸のどん底に落とし込んだ恐怖の見積書が、本体基本価格・坪単価を用いる工務店・ハウスメーカーは信用できないとする証です。

本体基本価格・坪単価を標榜している工務店・ハウスメーカーで家を建てるのなら、第三者監理は必須です。

第三者監理を拒否する工務店・ハウスメーカーには絶対に家づくりを任せないようにしましょう。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

第三者監理を条件とするのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

いい家安く建てたいなら、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しましょう。

家づくりネットワーク方式の家づくりの案内です。

光洋一級建築士事務所は、建て主の方々にいい家を安く建てていただくために、家づくりネットワーク方式の家づくりを提唱・実践しています。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、原価公開・分離発注・第三者監理の家づくり。

同じ条件で家を建てるなら、一番安く作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

同じだけの工事費で建てるなら、一番良い家作れるのが家づくりネットワーク方式の家づくり。

手抜き・欠陥工事を行われる可能性が一番少ないのが、家づくりネットワーク方式の家づくり。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、それなりの知識と能力があれば、どこの設計事務所にでも行えます。

あなたが家を建てようとする地にある設計事務所にでも行える。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

家づくりネットワーク方式の家づくりは、場所と人を選びません。

徳島県で家を建てようとしている人が、東京の設計事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼してもよいのです。その東京の設計事務所が家づくりネットワーク方式の家づくりを行えるなら、徳島県を拠点とする光洋一級建築士事務所に家づくりネットワーク方式の家づくりを依頼したのと同じ結果が得られます。

家づくりネットワーク方式の家づくり、そのように光洋一級建築士事務所が作り上げています。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

工事費に納得して建てたければ、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しましょう。

どこにどれだけのお金が使われるかを知って建てたければ、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しましょう。

業者にピンハネ・中間搾取されたくなければ、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しましょう。

いま建てようとする家を安く建てたければ、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しましょう。

適正価格・適正工事費で建てたければ、家づくりネットワーク方式の家づくりを勉強しましょう。

家づくりネットワーク方式の家づくりは勉強する価値のある家づくり方法です。

建築業界には信じられないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。建築業界には信じてはいけないものが二つある。それは工務店のハウスメーカーの本体基本価格と坪単価。工務店のハウスメーカーの本体基本価格って何ですか。工務店のハウスメーカーの営業トークで良く聞く坪単価って何ですか。誰も分からないのが本体基本価格と坪単価。

トップページ前のページ次のページサイトマップ